カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/01/06 伊藤 みさ │更新:2021/01/06

尾道大橋 開通から約50年、2021年2月に夜間全面通行止め

尾道大橋(無料)の老朽化が進んでおり、2021年2月に夜間全面通行止めを行い、塔の塗り替え工事を行います。このほかにも交互通行、再度の全面通行止めもあり。

広島県尾道市の市街地から対岸の向島に架かる
尾道大橋(無料、一般国道317号)が、塔の塗り替え工事を行うため、数日間の夜間全面通行止めを行うと県が発表しています。

尾道大橋 開通から約50年、2021年2月に夜間全面通行止め

尾道大橋は昭和43年の開通から50年以上が過ぎており、老朽化が進んでいます。

島に暮らす・島を訪れる人たちの行き来を支える尾道大橋を今後も安全・快適に利用できるようにと順次補修工事が進められるが、この度は「塔の塗り替え工事」を実施。

尾道大橋と新尾道大橋
尾道大橋(左)と新尾道大橋(右)工事が行われるのは左の橋

作業足場の土台設置・撤去などがあるため、全面通行止めとなる。

期間・時間帯・う回路は以下の通り。

規制場所:尾道大橋(無料)

規制期間:2021年2月1日(月)~2月6日(土)※2月5・6日は予備日
軽自動車~特大車は通行不可。歩行者・自転車・二輪車は通行可能だが、作業状況により20分程度待つ場合あり。

規制時間:0時~5時

迂回路:しまなみ海道(新尾道大橋・有料)

このほか、2021年1月18日~7月10日(予定)は夜間片側交互通行、2021年6月下旬(予定)にも6日間程度全面通行止めが行われる予定。詳細は別途尾道市HPで発表。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads