公開:2022/10/07 Mika Itoh │更新:2022/10/07

大鳥居がチラリ!朱色あざやか、宮島・厳島神社 大鳥居の工事足場を解体中

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 廿日市市 スポット 観光

3年に渡って続けられていた宮島・厳島神社の大鳥居 大規模工事。改修工事もいよいよ終わりに近づき、周辺を覆っていた工事足場の撤去がスタートしており鳥居の上部がお目見えしています。

宮島・厳島神社の大鳥居が、2019年6月17日から大規模保存修理をスタートして早3年。足場の撤去がはじまり2022年10月6日には大鳥居の上部が顔を出していました。

大鳥居がチラリ!朱色あざやか、宮島・厳島神社 大鳥居の工事足場を解体中

鮮やかな朱色で美しい姿をチラリと見せてくれた大鳥居。対岸からも朱色が目立ち、よく見えます。

宮島の大鳥居、工事囲いから朱色がチラリ!工事足場を解体中

10月6日には扁額(へんがく)も両面に取り付けられました。

宮島・厳島神社の大鳥居、足場がとれてきました

厳島神社の発表によると「令和4年(2022年)中に工事足場を撤去できる見込み」とのこと。工事で長くベールに包まれていた大鳥居ですが、全貌がまもなく見られそうです。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧