公開:2011/08/08 伊藤 みさ │更新:2022/02/04

広島アンデルセン本店、巨大石釜のあるパン屋さん パンダ食パンも登場

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 中区 グルメ

広島市中区 本通りの 広島アンデルセン本店。今では 東京など全国的に 店舗を展開しているアンデルセンですが、元々は1967年に 広島で生まれたパン屋さんなのです!

※このお店は建替えでリニューアルしました。以下記事は旧店舗営業時の様子。新店舗はこちら

広島アンデルセン本店は、広島市中区 本通りにあるパン屋さん

アンデルセンと言えば、今では東京など全国的に店舗を展開している有名店ですが、元々は1967年に広島で生まれたパン屋さん!

日本で初めて デニッシュパン(デニッシュペストリー)を発売したり、セルフチョイス(商品を自分で取ってお会計へ)方式を導入したり…と
新しい形を取り入れ、今のパン屋さんの「スタンダード」を築きあげてきたのが、広島アンデルセンです。

広島アンデルセン本店、歴史ある建物と石釜

広島アンデルセンはその外観からも高級感漂うお店。

パンだけを扱っているわけではなく、お花屋さんや レストラン、世界的に有名なショコラティエ・ジャンポールエヴァン も入っている…!

さらには、4階から6階まではパーティー・ウエディング会場まであります。

1階には入り口にドアマンまで立っていて、利用者が出入り口付近に来るとスっと開き「いらっしゃいませ」と出迎えてくれ、「有難うございます、お気をつけて」と見送ってくれる。…なんてゴージャス。

高級感のあるパン屋さん、広島アンデルセン本店

広島アンデルセン本店は、季節やフェアによっては、北欧を思わせる掲示物や装飾がしてあることも。

広島アンデルセン本店 画像14

店内パンコーナーには沢山の商品!

バゲットから、アンデルセン自慢のデニッシュペストリー、サンドイッチやマフィン、ケーキ、蒸しパン、サンライズ・・目移りしてしまいます。

広島アンデルセン本店 画像9

広島アンデルセン本店 画像6

広島アンデルセン本店 画像1

バラエティ番組「お願い!ランキング」で紹介された平焼きカレー は品薄状態になっていましたよ。

広島アンデルセン本店 画像3

遊び心ある動物パン(アザラシくん)や、上野動物園にパンダが来た記念に発売されたパンダ食パン、さらには 赤ヘルサンライズ なんてのもあり、トレンドにあわせていろんなパンが登場。

広島アンデルセン本店 画像11

また、アンデルセンは石釜で焼いたパン にこだわりがあるのだそうで、広島アンデルセンにはスペインの職人がつくった巨大な石釜を
取り寄せてパン作り。

広島アンデルセン本店 画像12

(小谷SA のアンデルセン にも巨大石釜がありました!)

今回購入してきたのは デニッシュペストリー2種(みらさか安芸クイーン と ブルーベリー)

広島アンデルセン本店 画像7

広島アンデルセン本店 画像5

崩れ・潰れやすいためか、ブルーベリーの方は厚紙でできた箱につめてくれました。こんな心遣いも嬉しい。

軽い舌触りのデニッシュ生地。いつの間にか食べおわっちゃった!という感じ。フルーツとカスタードクリームも美味しい。パリパリの生地が好きな方は買ったその日に食べた方が良さそう。次の日になると水分をすこし含んで「しんなり」します。

シナモンロールは、シナモンシュガーがしっかりとついているのでしっかりと甘い。コーヒーと相性が良さそうです。

広島アンデルセン本店 画像8

切っても切ってもパンダが出てきてカワイイ!と話題の「パンダ食パン」は、小型の食パン(1/2本 420円)。

ちょっとゆがんでいましたが、そこはご愛敬。

広島アンデルセン本店 画像2

広島アンデルセン本店 画像4

ミルクと練乳で仕込んだとのことで、ほんのり甘い。ココアもふんわりと香ります。きめが細かい食パンで、個人的には焼いたほうが好みでした。

広島アンデルセン本店では、パン屋さんのほかカフェコーナーもあり。2階にはレストランコーナーもあるのでいろいろ楽しみたいところです。

アンデルセン本店 外観

※このお店は建替えでリニューアルしました。記事は旧店舗営業時の様子。新店舗はこちら

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧