忍者スタンプ

豊平の新そば堪能!そばまつり2017、名人来場・体験も

2017年11月18・19日に、道の駅豊平どんぐり村にて「そばまつりとよひら」を開催。蕎麦の名人、高橋邦弘氏も来場し「そば打ち名人大会」も開催される

おいしいお蕎麦が食べられる北広島町豊平の道の駅 豊平どんぐり村にて、毎年恒例の「そばまつりとよひら」が開催されます。

2017年の今年は11月18・19日の2日間。

豊平の新そば堪能!そばまつり2017、名人来場・体験も

県内外からたくさんの観光客が新蕎麦を求めにぎわうこの祭りは今年で30周年!

「豊平中そば打ちクラブ」が打った蕎麦が振る舞われるほか、30周年を記念し、そば打ち体験/豊平流 そば打ち名人大会が特別に企画されています。

高橋名人が来場!「名人」称号もゲットできる

「そば打ち体験」と「そば打ち名人大会」への参加はどちらも事前申し込みが必要で、現在参加者募集中。

そば打ち体験(18日限定)は午前の部と午後の部があり、全体で16組(1組5名以内)限定。参加費は1組3000円で打った蕎麦は持ち帰りOK。2017年11月10日締め切りですが、定員に達し次第締め切り。

そば打ち名人大会(19日限定)は、参加資格として「高橋流の神髄を極める者」が指定されています。(そば打ち経験を申込時に申告)

「そば打ち名人大会」には高橋名人も審査員として来場。厳正な審査の上、「名人」「準名人」の称号が各1名ずつに授与される予定です。(2017年10月27日締め切り、応募多数の場合は抽選)申込は北広島町観光情報サイト「ぐるっと、きたひろしま」から。

ここで言われる高橋さんとは、「そばの名人」と呼ばれる高橋邦弘氏のこと。

豊平には2015年まで店舗を持ち、そば打ちの指導も行っていました。まつりが開催される豊平どんぐり村では、いつでも「名人直伝の味」が味わえる。そんな、町をあげての一大イベントで “食欲の秋” を楽しんで。

そばまつりとよひらは、2017年11月18日(10時~16時)/19日(10時~15時)開催です。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.10.05 17:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 山県郡 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP