公開:2022/05/16 Mika Itoh │更新:2022/05/14

壬生の花田植、2022年は「無観客」で3年ぶりの開催へ

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 山県郡 スポット 観光

北広島町で開催される6月の一大イベント「壬生の花田植」が2022年は3年ぶりに開催へ。感染拡大防止のため、また伝統芸能の保存・継承のため無観客での実施を決めた

ユネスコの無形文化遺産である広島県山県郡北広島町の伝統行事・壬生の花田植(みぶのはなだうえ)が2022年6月5日、3年ぶりに開催されます。

新型コロナの感染拡大で2020年から開催が中止されていた壬生の花田植ですが、今年は無観客で開催することを決めた。開催は地域の伝統芸能の保存・継承していくことが目的。

壬生の花田植、2022年は「無観客」で3年ぶりの開催へ

そのため、2022年は観覧禁止。会場への立ち入りや写真撮影もNGとなっています。

壬生の花田植とは

壬生の花田植は、毎年6月の第1日曜日に開催されている、北広島町壬生の伝統行事。豊作を願って、田植え作業をしながら「田の神」を祭る稲作儀礼で、

苦しい田植え作業をする人々の慰安や、農村での数少ない娯楽の1つでもありました。

たくさん人を集めて盛大に開催する大地主もおり、参加する牛は豪華な花鞍や造花で飾り付けされ、太鼓や笛の音にあわせて着飾った早乙女たちが苗を植えていた。

この光景がとても華やかだったことから「花田植」と呼ばれるようになったと言われています。

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 山県郡 スポット 観光 』の一覧