因島大橋

因島大橋は、広島県の向島(むかいしま)と因島(いんのしま)を結ぶ、吊り橋。尾道側から「瀬戸内しまなみ海道」に入ると、2つ目の橋になります。

広島県尾道市から愛媛県今治市までの間にいくつもある島々に連なる道を、総称して「しまなみ海道」と呼んでいます。

そのうち因島大橋は、1983年に本州四国連絡橋の最初の吊橋として完成しました。

因島大橋(広島県尾道市 向島から因島)

広島県尾道市の本土側から今治(愛媛)方面へ向かうと、新尾道大橋の次に出会うのがこの橋です。

因島大橋の長さは1270m。この橋を作るために培われた技術は 以降の長大橋建設に大きな影響を与えたと言われています。

因島大橋は2層構造で、上の部分は車道で、下の部分は徒歩・自転車などが通行出来るようになっています。

因島大橋03

サイクリングを楽しむ人も多く、日々多くの車や自転車がこの橋を渡っていきます。隣接する因島・大浜パーキングエリア(下り線)から歩いていくことも可能。

因島大橋05

因島大橋の向島側には立花臨海公園、そして因島側の橋の袂(たもと)には因島大橋記念公園があり、渡っても眺めても美しい橋となっています。

因島大橋について

因島大橋(向島-因島)について

住所 広島県尾道市(向島-因島 / 地図
電話番号 0848-44-3700 本州四国連絡高速道路(株)しまなみ尾道管理センター
関連 「因島」に関する記事
広島県のいろんな「橋」
周辺 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2018.08.17 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード