必勝鯉吉書展、カープ選手・監督の書初めズラリ!筆の里工房で

カープの選手や監督らが想いを書にしたためた「必勝鯉吉書展」が2015年1月3日から筆の里工房にて開催されることがわかりました。

カープの選手や監督らが想いを書にしたためた「必勝鯉吉書展」が2015年1月3日から
筆の里工房(安芸郡熊野町)にて開催されることがわかりました。

必勝鯉吉書展は、「熊野筆を盛り上げたい」と筆の里工房がカープに協力を依頼し実現したものだそう。

必勝鯉吉書展、カープ選手・監督の書初めズラリ!筆の里工房で

開催を前に10月末、選手らが一足先にマツダスタジアムで書き初めを行いそれぞれ座右の銘や来季への想いを熊野筆で書きました。広島テレビ「テレビ派」で紹介されたものでは

緒方孝市 監督/「鬼手仏心(きしゅぶっしん)」
前田健太 投手/「有言実行」
一岡竜司 投手/「掴む」
中田廉 投手/「全力投球」
九里亜蓮 投手/「感謝」
ロサリオ 投手/「ホームラン」

などがあり、カープ広報 ひがこまブログでは

鈴木将光 選手/「下剋上」

と書く様子が紹介されていました。筆の里工房 開館20周年を記念して行われる「必勝鯉(カープ)吉書展」。 “字には人柄や想いが表れる” とよく言われますが、誰がどの言葉を使ってどのように書いたのか?ファンとしては気になるところです。

必勝鯉吉書展は2015年1月3日から2月15日開催予定です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島カープ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP