国道54号が変わった!可部バイパス現道区間は183号へ

これまで国道54号線としていた可部の一般道路の一部が183号線へと名称変更になり、可部バイパスが54号線として2016年4月1日から使用されることになりました。

国道54号可部バイパスに平行する、広島市安佐北区可部南4丁目~大林町までの7.9kmの区間が、2016年4月1日から54号線から「国道183号線」へと路線名称が変更になっています。

国道54号が変わった!可部バイパス現道区間は183号へ
広島国道事務所・広島市からの発表資料による

広島市安佐南区八木から太田川を越えて安芸高田市へと向かう国道54号線は、この区間で慢性的に発生していた渋滞の緩和のため、山手側にバイパスが整備され供用開始となっています。

標識などについては4月1日以降 順次変更をしていくとのこと。どちらの道を通っても最終的には同じ道へとつながります。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐北区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP