特大の雪氷が人気の古民家カフェだいだい(東広島市)が閉店へ

手作りスイーツの中でも巨大な雪氷が人気な東広島の「甘味処 木守乃柿だいだい」が8月15日に閉店。お盆にかけて混雑が予想されます。

※このお店は閉店されています。ご注意下さい

夏に嬉しい大きな雪氷(かき氷)が人気の古民家カフェ、
甘味処 木守乃柿だいだい(こもりのかき だいだい)が2015年8月16日を以て閉店する事がわかりました。

特大の雪氷が人気の古民家カフェだいだい(東広島市)が閉店へ

比較的車通りの多い道沿いから坂を下ったところにある、「だいだい」は昔ながらの “日本のおうち(和)”をベースに照明や店内装飾は “洋”を感じさせるカフェ。

東広島 カフェ だいだいの外観

ケーキや軽食・コーヒーなどのメニューの中でも夏場は特に人気なのが、お皿にうず高く盛られた特大の「雪氷」。ヒトの顔よりも大きな氷ですが、筆者が訪れた時はお客のほぼ全員が1人1皿ずつ注文していたほどです。

ads

頭がキーンとなりにくいかき氷もいよいよ食べ納め

東広島 カフェ だいだいの店内の様子

東広島 カフェ だいだいの店内の様子2

東広島 カフェ だいだいの店内の様子3

甘味処 木守乃柿 だいだいの雪氷は「雪氷ベース(500円)」に密を別注文(450円~800円)するスタイル。

東広島 カフェ だいだい 雪氷の写真

蜜はいちごシロップ/宇治金時シロップ/抹茶シロップ/甘酒シロップ/みるくせーき/カルピスなど。他テーブルに次々と運ばれてくる雪氷の大きさにおののいた編集部は氷ベース+シロップ2種類を注文。別注文なので1皿で味の違いを楽しむ事もできます。

東広島 カフェ だいだい 雪氷の写真2

生苺を使用したいちごシロップは香りもよくほんのり酸味もあり。みるくせーきもちょうど良い甘さで美味しい。

気温が高いとやはり溶けやすいため溶けないうちに…と次々と口に入れましたが不思議と “キーン”となるあの頭の痛みはありませんでした。後味もさっぱりしていて1人1皿でもいけそう。

休日は駐車場に車が停められないくらい混雑する人気店ですが、“諸事情により閉店” とのこと。こだわり感じる雪氷が食べられるのもあとわずかです。

夏休み期間中で、さらにお盆にかけて混雑が予想されます。駐車場はお店の周りに第一(5台)・第二(5台)が用意されています。

東広島 カフェ だいだい 看板

甘味処 木守乃柿 だいだい
住所 広島県東広島市西条町御薗宇5029-1
営業時間 12時から18時(土曜日は19時まで)
定休日 金曜日
問合せ 082-426-5088(席予約も可)
備考 2015年8月16日で閉店予定

ads


あわせて読みたい

edit 『 東広島市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP