尾道市ツネイシが、21人乗りの津波シェルターを開発

広島県尾道市のツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社は、東日本大震災の声を生かした避難シェルター「TTS80」を開発しました。

広島県尾道市のツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社は、東日本大震災の声を生かした津波用の避難シェルター「TTS80」を開発しました。

津波への意識が高まってきたものの、高齢者や足の不自由な交通弱者の避難には時間がかかるという問題があることや、また避難者のために最後まで残って誘導にまわる人など、逃げ遅れる人のために開発されたもの。

尾道市ツネイシが、21人乗りの津波シェルターを開発

ツネイシが復興支援・経済復興のために岩手県に設立した株式会社ティエフシー(T東北・F復興・Cカンパニー)と共に開発した、大型の浮揚型津波シェルターは21人乗りで、車イスでの乗り入れも可能。

アルミ浮揚型津波シェルター ツネイシが開発

津波シェルターは波にのまれても浮かんでもとに戻る仕組みになっており、大きさは全長8.7メートル、全幅2.3メートル、全高2.55メートル。

ads

1週間分の水や薬なども装備、アルミ浮揚型津波シェルター

以下は、津波シェルターを後ろから見たところ。

津波避難シェルター、21人乗り

中は両側にベンチとシートベルトがあり、頭部を固定するクッション(枕)のようなものも備え付けてあります。

ツネイシ、21人乗りの津波シェルターを開発

このほか、トイレや照明器具、医薬品や1週間分の水が備えてあるとのこと。病院など公共施設への設置を想定して開発されたシェルターとなっています。

シェルターについてのお問い合わせは、0848-73-5282 (ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社 技術部クラフト部門)まで。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP