広島 原爆資料館の人形を撤去、理由は「怖い」から?2016年のリニューアルから

広島市の原爆資料館(広島平和記念資料館)が、被爆した人がどのような姿になっていたのかを再現した蝋人形を、2016年に予定されている原爆資料館の改修以後は撤去する方針であることが分かりました。人形を見た来館者から「怖い」という意見があったことなどから、リニューアル後は撤去をする考え

広島市の原爆資料館(広島平和記念資料館)が、被爆した人がどのような姿になっていたのかを再現し展示していた蝋人形を、2016年に予定されている原爆資料館の改修以後は撤去する方針であることを中国新聞が報じました。

原爆資料館で再現されていた人形は、やけどを負い、皮膚が溶けて振袖の様に垂れ下がっている人達が、を水を求めてさまよう姿などを再現して展示されています。

広島 原爆資料館の人形を撤去、理由は「怖い」から?

人形を見た来館者から「怖い」という意見があったことから、撤去をする方針で話し合われているようですが、原爆資料館はそもそも、原爆のそんな恐ろしさを知るための施設なのではないのでしょうか。

筆者が小学生の頃に初めて原爆資料館を訪れた時は、それらの人形の姿にかなりショックを受けたものですが、2年前に再び原爆資料館に訪れた時には、館内の様子もリニューアルされていたようで、人形も随分とソフトなイメージに変わっていました。

その頃から、「怖い」という来館者からの感想が出ていたのかもしれませんが、忘れてはならないこの歴史を伝え続けて行くためには、目を背けたくなるような事実の印象を和らげたり、撤去する必要があるのだろうか?と個人的には疑問に思ってしまいます。

広島市としては、リニューアル後の基本計画として実物資料やデータ資料を重視し、ジオラマや人形といった作りモノは減らす考えのようです。2016年に予定されている原爆資料館(広島平和記念資料館)のリニューアル後の展示プランについては、2013年3月中に決定するとのこと。

広島平和記念資料館 展示検討会議
被爆再現の人形撤去へ

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP