生口島の耕三寺、瀬戸田にある 「地獄の世界」を見に行ってみた

生口島(広島県尾道市瀬戸田)に、耕三寺というお寺があります。耕三寺 はちょっと(いや、かなり)変わったお寺で、入口の門のところからすでに 独特の雰囲気を醸し出しています。

生口島(広島県尾道市瀬戸田)に、耕三寺というお寺があります。
耕三寺 は独特な雰囲気をもったお寺で、入口の門もとてもカラフル。

生口島の耕三寺、瀬戸田にある 「地獄の世界」を見に行ってみた

生口島 の観光スポットとなっているこの
耕三寺には、地獄へ続く洞窟もあるんだそうです。
地獄は一体、どんな世界なのか?見に行ってきました。

以下は、門が開いた時の様子。

耕三寺の門 (生口島、尾道市瀬戸田)

ポップな配色に驚かされるお寺です。

耕三寺(こうさんじ)の入口にある門をくぐると、中には
綺麗に整備された中庭があり、蓮などが沢山植えられています。

ads

不思議ポイント目白押しの、尾道市瀬戸田の耕三寺

耕三寺 入口を入ったところ

このお寺は入場料が必要で、少々お高めの
大人1200円、高校生700円、中学生以下は無料となっています。

耕三寺は、浄土真宗本願寺派の仏教寺院で
境内には日本各地の古建築を模して建てられた堂塔などが
いくつも建ち並んでいて、「西の日光」と呼ばれることもあるのだとか。

耕三寺 日光東照宮陽明門を模した孝養門

最初の門をくぐると、「孝養門」が目の前に登場します。
孝養門は、日光東照宮陽明門を模して30余年をかけて作られたもので、
よく見ると、かなり細かい作りになっています。

耕三寺 日光東照宮陽明門を模した孝養門 画像

アップで見ると、

耕三寺 孝養門にはお釈迦様が沢山・・・

お釈迦様(?)がいっぱい。

筆者は日光東照宮陽明門を見たことがないのですが、
実物もこんな感じなのでしょうか?

耕三寺 龍がいっぱい

孝養門のムービーは以下より。
耕三寺 孝養門の動画
生口島・耕三寺のキンピカ孝養門 動画

そして、孝養門の奥には
平等院鳳凰堂を模し造られたという本堂が。

耕三寺 平等院鳳凰堂を模した本堂

本堂のムービーは以下より。
耕三寺、本殿の風景 動画
尾道市瀬戸田にある 耕三寺、本殿の風景 動画

耕三寺で模して造られた建物は、どことなく
本家よりも色使いが派手に見えて、とにかく豪華です。

耕三寺 とにかく豪華で色使いが派手

ちなみに、本殿の隣には巨大な観音像があり
入口からだとそのお顔は拝むことが出来ず、足元だけが見えます。

耕三寺観音像 足元だけチラリ

「あなたのお母様の尊像を敬造して居ります。内に入って拝んでください」

と入口に書かれているので、中に入って
観音像に近づいてみると

耕三寺 観音像は三段腹?

巨大な観音様の姿が。

ちょっとお腹が膨らんでいるように見えるのは
お腹に赤ちゃんがいるんでしょうか?

耕三寺を造営したのは、大正~昭和にかけて活躍した実業家の
金本福松さん(瀬戸田出身)という方で、この方はとってもお母さん想いだったそう。

耕三寺の敷地内には、金本氏が母親のために建てた
邸宅「潮聲閣」も建築されていますし、
母が亡き後には母の菩提を弔うために出家し、僧侶となって
名前も「金本福松」 から 「金本耕三」に改名しています。

耕三寺を建てた金本福松さん(後に改名し 耕三寺耕三に)
画像 / 耕三寺耕三 (金本福松)さん

350mのトンネルの中に広がる、地獄の世界

さて、いよいよ 地獄の入口にやってきました。
巨大な観音像の隣に、 「千仏洞地獄峡」の入口があります。

千仏洞地獄峡は、地下霊場になっていて
仏教の世界でいう「地獄観」と「極楽観」が描かれています。

暗く湿った350mのトンネルの中はとっても涼しく ひんやりしていて
地獄の雰囲気を堪能することが出来ます。

耕三寺 地獄峡の入口

いざ、中へ!詳細は以下の動画より。

耕三寺 極楽と地獄の世界 動画

1964年に作られた 千仏洞地獄峡は、洞窟の中に閻魔(えんま)大王もいて
生前の過ごし方によって、何種類もある地獄の世界へ振り分けられます。

たとえば、殺生の罪を犯した人は等活地獄(とうかつじごく)、
殺生+盗みを働いた罪には、黒縄地獄(こくじょうじごく)、
性犯罪(邪淫)などは、衆合地獄(しゅごうじごく)・・・などなど

いろんな種類の地獄があって、それぞれの世界を絵で描いたり
洞窟の中に表現してありました。

耕三寺 地獄絵図

耕三寺 地獄絵図

さらに奥に進むと、沢山の仏様(?)らしき像が並んでいます。

耕三寺 洞窟の中

生口島 耕三寺の洞窟

これらの景色を抜けると、15mの高さがある
巨大な救世観音の前に到着します。

耕三寺 救世観音

ここから先は、また異色な風景が広がっていて驚かされるのですが
それは次の記事でご紹介します。

耕三寺は、敷地内にある様々な建造物のうち
国の登録有形文化財に登録されているものが15ほどあります。

また耕三寺は、茶道具や仏像などの文化財や
美術品を多数所蔵していて、寺全体が博物館になっているのも
ちょっと面白いところ。

耕三寺の中は結構広く、緑も多いので
天気のいい日にお出かけすると景色も映えて良さそうです。

耕三寺 紅葉狩りチラシ

また、耕三寺では11月中旬から2週間にわたり
モミジが色づき紅葉狩りシーズンに突入しますので、秋色に色づいた景色もまた絵になりそうです。

▼耕三寺
住所 広島県尾道市瀬戸田553-2[耕三寺の地図
TEL 0845-27-0800
時間 9時~17時(年中無休)

生口島に関する、その他の話題

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP