宮島・弥山展望台、生まれ変わって7月末グランドオープン!

宮島(広島県廿日市市)で一番高い山・弥山(みせん)山頂の展望台の建て替え工事が終了し、いよいよ2014年7月末にグランドオープンします

宮島(広島県廿日市市)で一番高い山・弥山(みせん)山頂の展望台の老朽化がすすみ、解体し建替え工事が行われていましたが、いよいよ2014年7月末にグランドオープンとなります。

宮島・弥山展望台、生まれ変わって7月末グランドオープン!

6月末現在、弥山の山頂まで登ってみると、展望台は綺麗に生まれ変わっていました。とてもシンプル。すでに展望台の1Fと3Fは使える状態になっているため開放されていますが、2階フロアは締め切られています。

7月末に2階フロアを含めたグランドオープンが行われる予定となっています。ちなみに昔の展望台は、以下のような感じでした。

みせん 展望台を建替えへ

かなり、くたびれていました。鉄はすっかりサビきって、壁もボロボロ。1Fには売店が入っていましたが、これも最後の方はまったく機能していないようでした。

新たに建替えられた展望台は、以前と同じ3階建てですが、特徴的なのは2階部分に大き目なリラックススペース(展望台新デザインイメージ図参照)が用意されているところ。

ads

新しく生まれ変わった弥山の展望台 1Fの様子

展望台の階段に近づくと、下に降りるフロアがあります。

宮島・弥山展望台の1Fの様子

下りてみると、正面には休憩できるベンチが3つあり、右手に男子トイレ、左手に女子トイレがありました。

宮島・弥山展望台 1Fにトイレ

こちらは女子トイレの入り口。

宮島・弥山展望台 1Fに女子トイレ

トイレの入り口前にも、広い空間があり、小さな洗面台の横にはベンチが用意してあります。

宮島・弥山展望台の1F 洗面台

男子トイレ側には、管理室らしき小部屋もありました。現在のところ、自動販売機も置かれていなかったので、1F管理室(らしき部屋)が売店になってくれると嬉しいのですが、詳細は不明。

宮島・弥山展望台 男子トイレと管理室

弥山展望台、2Fの様子

展望台の2階は入口が封鎖されていたため、現在は外からしか眺めることができませんが、中央の壁沿いにはかなり幅広なリラックススペースが360度ぐるりと用意されていました。

宮島・弥山展望台 2階の様子

完成予想図で見ていた印象では、ベンチのちょっと広いバージョンかな?というイメージだったのですが、実際にはベンチというより広い縁側という感じでしょうか。靴を脱いでゆったり寝転がれるくらいのスペースは十分ありそうです。

以下は、下から見上げた様子。

宮島・弥山展望台 2階の縁側風スペース

この縁側風スペースはかなり広めに作ってあり大屋根になっているので、2階はたっぷり日陰のスペースが出来ていました。ここでまったり景色を眺めながら過ごすのは、とても気持ち良さそう。

3階、弥山展望台の屋上へ!

展望台の中央にある螺旋状の階段を上っていくと、3階・展望台の屋上まで上がれます。

宮島・弥山展望台 屋上へ

屋上の手すりは、以下の様に斜めに造られていました。

宮島・弥山展望台 3階の手すり

この傾斜分だけ、2階は広くスペースが使えるようになっています。また、外側から見ると、この傾斜のある手すりが三角屋根の様に見えます。全体的に木がふんだんに使われていて、和の雰囲気に統一されているようです。

宮島・弥山展望台 屋上の床には地図が

屋上の床には一部、剥げているように見える箇所が。新築なのに…?!と驚きましたが、近づいてみると

宮島・弥山展望台 3階の床には地図

ハゲているわけではなく、前方に何の島が見えるのか?が分かるように床に地図が描いてありました。実際の展望台からの景色などは以下の動画より。

Youtubeチャンネル

この日は少し霞んでいましたが、弥山の展望台からぐるりと360度見渡してみると、大竹岩国、広島市内、江田島、そして小さな無人島まで見渡すことが出来ます。

スカッと晴れた日には、かなり遠くまで見渡すことが出来るので感動しますよ。宮島へ観光に訪れる際には、弥山登山を是非。オススメです。体力に自信の無い方はロープウェイを利用して獅子岩のビューポイントまで行くことも出来ますよ。

弥山展望台 リニューアル

※内容は執筆時のもの。

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP