廿日市市佐伯のマンホール

佐伯町のマンホール。佐伯町はかつて、広島県佐伯郡に属していた町で、2003年3月から廿日市市に編入されて消滅しました。マンホールには、旧佐伯町の町花である「サツキ」と、町木の赤松、そして錦鯉が描かれています。

佐伯町のデザインマンホール。佐伯町はかつて、広島県佐伯郡に属していた町で、2003年3月から廿日市市に編入されて消滅しました。マンホールには、旧佐伯町の町花である
「サツキ」と、町木の赤松、また佐伯町は錦鯉の養殖で有名のため、錦鯉が描かれています。

廿日市市佐伯のマンホール

ここには広島県内に唯一残る錦鯉市場もあります。

また、佐伯には温泉も(小瀬川温泉羅漢温泉)あり。(近くに所山温泉・岩倉温泉もありましたが、この2件は閉鎖したとか。)その他、乗馬が楽しめるMRC乗馬クラブや、佐伯国際アーチェリーランドがあったりと、アクティビティも充実。ミシュランガイド広島で2つ星をとったお店「山茶花」もあります。

ちなみに、Wikipedia情報によると、町名のよみがなを当初「さきちょう」としていた旧佐伯町は、1982年4月1日に「さきちょう」に改定していたようです。(何故…)

広島県のマンホール一覧

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP