chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

chano-ma ( チャノマ ) カフェ「ごろんっと、寝転がれるカフェがあるらしい」 という噂を聞いて、行ってきました chano-ma!場所は、広島市中区のシネツインと同じビルの2Fにあります。

chano-ma (チャノマ) カフェ。広島市中区にある、chano-ma ( チャノマ )は、現代の「茶の間」をコンセプトにイメージして作られたカフェ。

「ごろんっと、寝転がれるカフェがあるらしい」との噂に反応して、行ってみる事にしました。しかし、お店の周辺まで来てみるも、お店の看板が見当らない。

chano-ma (チャノマ) の場所は、ちょっと分かりにくいかもしれません。なぜなら、chano-ma の看板はコレ↓

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ 看板

ちっちゃ!!

chano-ma は、広島 シネツイン という映画館 が入っているビルの2Fにありました。階段を上がってすぐの所に、chano-ma (チャノマ) の入口があります。

chano-maと同じビルの1Fには、美容室。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ シネツインの上

chano-ma の看板探すよりもシネツイン の看板を探したほうが早そうです。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

シネツインの赤い看板をくぐって、階段を上がっていくとムーディーな照明の入り口が見えてきました。

ads

ゴロンと横になってくつろげる、癒し系カフェ chano-maの店内は?

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

男性ウェイターが出てきて「お2人様ですか、どうぞ」 と笑顔でお出迎えしてくれました。

入り口で靴を脱いで2~3歩進むと、広いワンフロアーにマットレスが敷き詰めてあります。広さは30畳くらいでしょうか?仕切りもなくて、マットレスの上に足の無い木のテーブルが、ゆったりした感覚で並べられています。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

マットレスを見ると、体育で使うマットに似た模様が入っていました。天井が高く、広々とした空間に、フワフワのマットレスが敷き詰められています。

壁沿いにはクッションが沢山並べられていて、好きな体勢でリラックスしてお過ごし下さい、という感じ。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

すでに店内にいた女性たちはクッションにもたれて、すっかりリラックスしていました。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

反対側には、バーカウンター。

chano-ma は深夜2時まで営業しているのでお酒も飲める様子。ここでお酒飲んだら、完全に寝てしまいそうです。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

しばらくして、ソバージュの人がオーダーを取りに来てくれたのですが、オーダーを取りに来てくれた店員さんの前で足を伸ばしている私達。。。

こういったスタイルに慣れていないせいか、なんだかちょっと気まずさを感じます(笑)

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

ふと横をみると、細い通路の先には、さらに部屋がありそうな雰囲気。気になる。店員さんに聞いてみると、あっちにはどうやら個室があるとのこと。

「個室のほうに行ってみてもいいですか?」と聞くと、笑顔で「どうぞ!」と対応してくれたので、移動してみました。

荷物を持って、個室のほうへ向って行ってみると、

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

さきほどの空間の半分くらいの広さですが、こちらは貸しきり状態。ここでなら気兼ねなく足が伸ばせそうです(笑)

店員さんは、「個室」と呼んでいましたが、この部屋は完全個室というわけではなくてテーブルが3つありました。こじんまり(といっても、空間は十分広い!)したほうが落ち着いてくつろげる、という人には、こちらのほうがオススメです。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

個室の入り口の上部には、赤い空間があり、店員さんに聞いてみると「あちらは、映画の部屋です。ご自由に入れますので、どうぞ」とのこと。

映画 が流しっぱなしになっている部屋かと思いきや、小さな障子の扉の先には、こんな部屋がありました。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

実は、chano-ma 広島店 が出来る前、ここは 映画館 だったそう。それで、その名残を小さな小部屋に残しているのだそうです。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

2~3畳程度の小さな 映画部屋 には、映画の本やパンフレットなどが沢山、並べられていました。本は好きなモノを席に持ち帰っていいとの事だったので1つ選んで席に戻る。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

チョイスしたのは、オードリーヘップバーン。オードリーの笑顔が、私をさらに癒してくれます。

個室(小部屋?)なので、気兼ねなく足を伸ばしてクッションにもたれて、ゆるい体勢で甘いスイーツを頂く。積もる話があっても、ここならゆっくりくつろぎながら話が出来そう。腰も痛くならないのが嬉しいですね。

chano-ma ( チャノマ )では、実家にいるような くつろぎを提供しているため、実際に仮眠をとっていくお客様もいるんだそうですよ。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

ちょっとお腹すいたな、と思ったら、食事のメニューもあるので、しっかりランチもOKのようでカレーやパスタ、グラタンなどがメニューにありました。

ただ、テーブルは床面に直接 置かれているため位置が低すぎて、お皿を手に持って食べないと食べにくそう。

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

私達が食べたのはこれ。

床とテーブルの高さがほぼ一緒なので、寝転んだり、くつろいでる時に 手や足がお皿に当たったりしないよう、要注意です。周りは白いマットレス に、まっ白なクッション。こぼすと汚れが目立ちそうなので、お手入れや掃除が、大変そうです。

chano-ma ( チャノマ )は実際に行ってみると、今までにないくつろぎ感がありました。気の知れた、仲の良い友達と語り尽くしたい、なんて時にオススメです。

ちなみに帰り、レジで店員さんに姉妹店を案内して頂き、パンフレットを手渡されたのですが

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

「47番が、ここ chano-ma で、44番が○○という姉妹店、そして 43番がリバーサイドの○○という姉妹店です」

と、店員さんはサラリと説明してくれましたが、このパンフレット、一体 どう見たらいいのやら…。裏には分かりやすく地図が載っているのかと思い裏返してみると

chano-ma (チャノマ)、足を伸ばしてくつろげる カフェ

こちらもオシャレすぎて、姉妹店の住所などの情報を読み取りにくい…。これは、もう少し分かりやすいモノに改善してくれると嬉しいですネ。

▼chano-ma チャノマ 広島
広島県広島市中区本通 2-19 アペックス2ビル2F
TEL: 082-241-8555
時間: 12時~26時

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP