台風18号、5日夜中に速度早め翌朝 関東上陸も

大型で強い勢力の台風18号は5日夜から6日早朝にかけて勢力を保ったまま、上空の西風にのりスピードアップ。関東へは通勤時間帯に上陸し大きな影響を及ぼすと予想されています。

大型で強い勢力の台風18号が種子島の東南東約100mの位置にあり(2014年10月5日15時50分気象庁発表時点)、時速20kmとゆっくりした速さで進んでいますが、日本気象協会によると

九州の南を過ぎた頃から、上空の強い西風(ジェット気流)にのってスピードアップ。日本列島に沿うように進み、6日の朝には首都圏の通勤に大打撃の恐れ と予想されています。

台風18号、5日夜中に速度早め翌朝 関東上陸も
Photo byGoogle クライシスレスポンス

外出危険レベルの荒天となり、台風中心付近の最大風速は6日3時まで40m/sと勢力を保ったまま北東へ進む見込み。

西日本では夜中に雨が強く降る事が予想され、土砂災害/浸水害/河川の増水/落雷/突風にご注意を。また、台風の接近が満潮の時間帯と重なるため山陽南部では5日夜に高潮の恐れもあります。

広島県内には全域に強風注意報、加えて沿岸部には波浪注意報、三原・尾道・大崎上島町には高潮注意報が出ています。(10月 5日16時23分 発表) 状況は刻々と変化するため、最新の情報にご注意を。

参考:
広島県防災気象情報
日本気象協会 tenki.jp
ウェザーニューズ
Google中国地方気象情報

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP