台風シーズンはいつまで?地域で異なる気象情報に注意

台風が日本に近づく頻度が多くなる「台風シーズン」は一体、いつからいつまでのことを言うのでしょうか?詳細はこちらから

梅雨が明けて本格的な夏!…と思ったら今度は台風が…と、台風シーズンがスタート。日本には春夏秋冬の他にも季節があるのでは!?と思うほどにめまぐるしく気象状況が変化する。

台風シーズンはいつまで?地域で異なる気象情報に注意
台風が日本に近づく頻度が多くなる「台風シーズン」は一体、いつからいつまでのことを言うのでしょうか?

ads

台風シーズンは8月ごろから。夏のお出かけは旅先の天気も要チェック

気象予報士の方によると、「例年なら8月から9月が台風シーズン。特に9月は秋雨前線の影響もあって大雨になりやすい」とあり、日本では一般的に8月~9月の2ヶ月を台風シーズンと呼んでいます。

しかし台風は地球上空では年中発生しており、元旦以降に最も早く発生した台風が「1号」と名づけられ、そこから順番に台風の番号が付けられています。

日本で「9号」や「10号」あたりから耳にすることが多いのは、日本に接近することが多くなる時期が8月頃と遅いため。

日本国内でも地方によって、台風の接近・上陸回数が異なるため、国立情報学研究所 北本朝展氏の台風に関するサイトでは地方別に台風シーズンの期間を調べる事もできます。

これによれば、広島の台風シーズンは5月頃から少しずつ影響を受ける頻度が高くなり、10月くらいまでが「台風シーズン」といえるよう。これに対して沖縄は11月頃まで続いていたり、北海道は8月9月に集中して10月にはほとんど影響がない、ということも分かります。

旅行に行く時などは、「その地域の気候・天気はどうか?」などを知っておくと、よりスケジュールを立てやすく楽しめそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP