カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/05/15 伊藤 みさ │更新:2021/06/01

広島にも緊急事態宣言、爆発的な感染拡大のため外出自粛を

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島ニュース

緊急事態宣言の対象地域が広島・岡山・北海道も追加され、2021年5月16日からスタート。広島県は感染状況を初めて「ステージ4」に引き上げ、感染拡大防止に向け休業要請・外出自粛を呼びかけた

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている広島県・岡山県・北海道を、緊急事態宣言の対象に追加することを政府が発表しました。

緊急事態宣言の期間は、2021年5月16日~31日まで。【追記】※期間は2021年6月20日までに延長されました。

広島にも緊急事態宣言発出へ
写真はイメージ

広島県は5月8日から独自で感染状況を「ステージ3」に引き上げ集中対策をスタートさせていましたが、5月14日には最も深刻な状況であるステージ4(爆発的な感染拡大)に初めて引き上げとなりました。

広島県では県内全域で飲食店や商業施設などを対象に、「休業」や20時までの「時短営業」の要請へ。

緊急事態宣言の対象になったら、何をどうしたらいい?

内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策 特設サイトでは、「緊急事態宣言区域の皆さまへのお願い」として以下のように挙げられています。

外出・移動について

日中も含めた不要不急の外出・移動に自粛について協力を。特に
  • 20時以降の不要不急の外出自粛
  • 混雑している場所や時間を避けて行動すること
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用は厳に控えること
の徹底を。感染対策が徹底されてない飲食店等の利用は厳に控える、不要不急の都道府県間の移動は極力控えること。

催物(イベント等)などの開催

都道府県が設定する人数上限5000人かつ収容率50%などの規模要件に沿った開催とし、21時まで。また、業種別ガイドラインの順守徹底、「3つの密」や飲食を回避するための方策を徹底すること

施設の使用について

酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店等は休業要請に協力を。それ以外の飲食店は20時までの時短営業に協力を。そのほか都道府県からの要請があった場合は協力を。
入場者の整理などを行う場合は実施状況をHPなどで広く周知する。
路上・公園等における集団での飲酒はしない。

職場への出勤・テレワークについて

事業者は在宅勤務(テレワーク)や休暇取得の促進等により、出勤者数を7割減に努める。職場に出勤する場合でも、時差出勤・自転車通勤など、人との接触を低減する取組を協力に推進する。

このほか、都府県知事の判断により様々なお願いが行われることがあります。詳しくは各都府県のHPなどで確認を。

新型コロナウイルス感染症対策/内閣官房より一部抜粋

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads