カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.11.15 伊藤 みさ /最終更新日:2019.11.15

マツダ ロードスターが「日本自動車殿堂」入り!

初代 マツダ ロードスターが、「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定・登録されました。変わらぬコンセプト・生産台数100万台突破などあらゆる点が評価されています

小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター(初代)」が、

日本自動車殿堂 歴史遺産車 に選定されたことをマツダ株式会社が発表しました。

マツダ ロードスターが「日本自動車殿堂」入り!
初代 マツダ ロードスター(1989年)

マツダ車がこれに選定・登録されるのは、2003年のコスモスポーツに続き2度目。

日本自動車殿堂 歴史遺産車 とは、「特定非営利法人 日本自動車殿堂」が日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録し、永く伝承するもの。

初代のロードスター(正式名称:ユーノス ロードスター)は、「4代にわたる変わらぬコンセプト」、「累計生産台数100万台を超え、世界記録を更新し続けている」、「魅力的なスタイリング、クルマを操る楽しさを提供し、日本の技術水準の高さを世界に知らしめた」ことが評価され、登録されました。

今年は歴史遺産車が4車選定されており、初代マツダ ロードスターのほかに以下3つがあります。

  • 三菱A型(三菱甲型) (1918年)
  • いすゞエルフ TL151 型 (1959年)
  • ヤマハ スポーツ SR400 (1978年)

ロードスターは1989年の発売以来、累計生産台数100万台を突破。ギネス世界記録や日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー/ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー のダブル受賞を果たすなどしています。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

関連ワード

ページ上部へ