カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.11.29 Mika Itoh /最終更新日:2019.11.30

尾道城、解体が決まった「お城型博物館」最後の姿

JR尾道駅の背後に建ち目立っていた「尾道城」が、取り壊されることが決まった。解体後は、千光寺公園のリニューアルに伴い新たな眺望スポットとして整備される予定。尾道城の最後の姿を見てきました。

尾道城の解体を検討していた尾道市が、解体撤去の委託業務に関する入札を2019年11月20日に行った結果、地元の解体業者「有限会社モトヒロ」に決定したことを発表しました。落札金額は1億3000万円。

尾道城、解体が決まった「お城型博物館」最後の姿

尾道城は、千光寺山頂付近に建つお城。お城といっても史実にはないお城で、天守閣を模して建てられた、博物館だった建物です。

入口の門には「全国城の博物館 尾道城」とあり、1964年(昭和39年)に建てられたそうですが、1992年(平成4年)に閉鎖。以降はすっかり廃墟化していた尾道城ですが、

現在 尾道市は千光寺公園のリニューアル事業を進めており、それに伴い公園の西側に建つ尾道城を撤去して、

尾道城の跡地に新たな視点場(眺望スポット)を設けようという事業計画が進められることから、解体が決定しました。

築50年を超える尾道城、営業していたのは28年間

解体が決まるまで、尾道城のことについて何も知らなかった筆者。お城ではなく「博物館」だったというのも驚きでした。

尾道駅と尾道城
JR尾道駅の後ろに見える、尾道城

JR尾道駅の背後にそびえ立ち、なかなか目立つ場所にあるため、尾道を訪れた人はきっと、必ず目にしたことのある建物のはず。

尾道城とビュウホテルセイザン
尾道城の隣はビュウホテルセイザン

そんな目立つ景観と場所にありながら、建設から28年で閉鎖。以降、存在感は放ち続けていたものの廃墟となって27年もの間、老朽化だけが進んでいたようです。

すでに閉鎖されていますので、中には入れませんが、せっかくなので取り壊される前に間近から見てみようと、尾道駅から歩いて登ってみました。

尾道城まで歩いてのぼってみた

JR尾道駅から商店街へと進むと、

JR尾道駅から尾道商店街へ

商店街の入口に大きな看板があり、

尾道商店街から陸橋へ

この左手を見てみると、商店街のアーケードに繋がっている陸橋があるので、この陸橋を渡ります。

尾道商店街から陸橋を渡って小学校方面へ

ここから土堂小学校の脇を歩いて進んでいくと、尾道城へと続く階段があります。

尾道商店街から尾道城まで歩いて450m

中腹あたりまでくると、眺めも最高です。

尾道城からの眺め

尾道商店街の入口からこのルートで尾道城に向かうと、距離にして450mほどなのですが、なかなかの坂道をのぼっていくため運動不足の体には少々応えました(笑)

動画で見る、尾道城

以下は、尾道城への道のりと現在の尾道城の様子(外観)。


尾道駅から見た時は、小さなお城という印象でしたが、近づいてみるとそこそこの大きさがあります。

尾道城を、まじまじと眺めてみる

いつも遠目にみていましたが、近くから色んなアングルで見てみると、なかなか立派な建物です。

尾道城、少し離れてみるとお城っぽい

石垣の表面には蔦がビッシリ!

尾道城の石垣には、蔦がビッシリ

建物を良く見てみると、ガラス窓になっていたり、コンクリート造だったりと、間近から見ると現代建築だなぁと感じさせられます。

尾道城を見上げる

コンクリート造の尾道城

尾道城の窓はガラス

また、東側の屋根のシャチホコが1つ無くなっていたり、あちこち傷みが激しくなっているようで老朽化に伴う問題も出てきている様子。

尾道城、ガラス窓とコンクリート造

入口には「全国城の博物館 尾道城」と書かれ、

全国城の博物館 尾道城
お城の雰囲気にそぐわない入口

その奥の入口脇には…

全国城の博物館 尾道城の入口

尾道城の門番、人形が…
人影に一瞬、焦りました。

今もけなげに、門番が立っておりました。 この高さに建てられたお城なので、眺めはバッチリ。

尾道城からみた、尾道水道

「お城の博物館」として、観光スポットの1つとして誕生していた尾道城でしたが、営業していた当時の様子が伺える資料やサイトなどは、ネット上では見つかりませんでした。

閉鎖したのが1992年で、ギリギリ平成も4年まで営業していたというのに、ここまで情報が残っていないのも珍しい気がします。

尾道城が現役だった頃は、観光客などに(本物の城だと)誤解を与えるなど、天守閣風の建物であることを問題視する意見などがあり、地元でいろいろ賛否もあったようです。

尾道城の解体と今後

尾道城の解体後は、千光寺公園のリニューアル事業にあわせて、新たな視点場(眺望スポット)として生まれ変わる予定。

解体される尾道城

尾道城の解体と今後

千光寺公園から尾道城までは、歩いて行ける道があり、その道沿いには公衆トイレなどが幾つか設置されています。

尾道城の近くに、手入れされた公衆トイレあり
尾道城の近くにも、手入れされた公衆トイレあり

尾道城の解体工事期間については、尾道市からの公式発表はまだありませんが、中国新聞が報じた内容によると2020年以降に本格着工し、2021年1月までに工事を終える予定となっています。

今回、筆者が歩いて通った尾道商店街から尾道城までのルートには街灯もあり、また周辺にあるお寺「持光寺」に立寄ることも出来るため、

尾道城跡地が新しい眺望スポットに生まれ変われば、この道を通る人も増えるのではないかと思います。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ