忍者スタンプ

広島・三原で裸祭り!寒さをものともせず裸一貫で競いあう

ふんどし1枚で男たちの熱き戦いが繰り広げられる、広島県唯一の裸まつりが広島県三原市の久井稲生神社にて、2018年は2月17日に開催されます。

広島で唯一のはだか祭りが、広島県三原市にある久井稲生神社(くいいなりじんじゃ)にて行われます。

広島・三原で裸祭り!寒さをものともせず裸一貫で競いあう
三原・はだか祭り 開催時の様子

はだか祭は毎年2月の第三土曜日に行われるもので、2018年は2月17日(土)に実施。当日は御福開祭(おふくびらきさい)が行われ、久井稲生神社本殿にて宮司によるお清めも。

ふんどし姿の裸男たちが御調川に飛び込み身を清め、21時頃よりいよいよ「御福木」を求め、男たちの争奪戦がスタートします。

御福木の収得者には賞金・副賞が授与されるということもあり、かなりの迫力です。

参加者は無病息災が叶えられると信じられているそうですが、それも納得の気合の入り様。このほか、最後に参拝者向けにも餅まきが行われ、餅袋に御福品名の紙が入っていればその品と交換してもらえる。(まちの商店からの寄付による)

カメラ好きさんたちもこぞって撮影に向かう久井稲生神社のはだか祭り。夜まで続くお祭りのため、防寒対策をしておでかけ下さい。(御福開祭は19時~、はだか祭は21時~)

LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2018.01.15 07:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

ページ上部へ