カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/11/16 伊藤 みさ │更新:2021/11/16

薄皮たいやき!鳴門鯛焼本舗 広島本通店、手焼きの香りに誘われる行列店

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 中区 グルメ

大人も若年層も行列をつくる鳴門鯛焼本舗 広島本通店。薄皮がパリっとした、手焼きの鯛焼き屋さんでテイクアウト専門のチェーン店。本通りを歩くと、いい匂いについ誘われれてしまいます

関東・関西エリアを中心に店舗拡大中の鯛焼きチェーン
「鳴門鯛焼本舗」が2021年9月に、広島に初の店舗をオープンしています。

手焼き薄皮!鳴門鯛焼本舗 広島本通店の行列たいやき

鳴門鯛焼本舗 広島本通店は、広島市中区の本通商店街の一角、広島パルコや並木通りなどに近い好立地にお店を構えています。広島店は、店名の看板を遮るかのように【天然鯛焼】の文字が前面に出ているのが印象的です。

鳴門鯛焼本舗 広島本通店 外観
鳴門鯛焼本舗 広島本通店 外観2

鳴門鯛焼本舗の言う「天然鯛焼」とは、1匹ずつ丁寧に焼く “一丁焼き” という製法のことを指すのだそう。

鳴門鯛焼本舗 広島本通店 手焼きのたいやき

お店ではお客さんの目の前で焼型に生地と餡をのせて火床の上に置き、ガチャガチャと重そうな音を立て移動させながら焼いています。筆者が訪れた日は、広島店のオープンからしばらく経っていましたが 20代前後の若い世代を中心に行列ができていました。

その場で焼いているので、甘く香ばしい香りが辺りに立ち込めて食欲をそそります。

薄皮パリッ餡タップリ!鳴門鯛焼本舗のたいやき

鳴門鯛焼本舗では、十勝産あずき(税込220円) / 鳴門金時いも(税込240円) / プレミアムカスタード(税込260円) といった3種類のたいやきのほか、

アイスもなか、わらび餅 も販売中。

鯛焼きは、白い生地を焼型に薄く敷いて餡をタップリ。そのうえにまた白い生地をのせたら焼型で挟んで短時間で焼き上げ。出来上がった鯛焼きは、中の餡が透けて見えるほど皮が薄い。

焼きたてを是非食べたいと、その場でアツアツをいただきました。薄い皮がパリっとしていて、餡トロリ。

鳴門鯛焼本舗 広島本通店 たいやき(あずき)
鳴門鯛焼本舗 広島本通店 たいやき(鳴門金時とカスタード)
鳴門鯛焼本舗 広島本通店 たいやき(鳴門金時)
鳴門金時いも
鳴門鯛焼本舗 広島本通店 たいやき(カスタード)
プレミアムカスタード

どれも美味しくいただきましたが、筆者は個人的にはあずきが一番好きでした。

筆者が訪れた時は比較的若い世代が多く、1人1匹ずつ購入してその場で食べるという感じでしたが、もちろんお土産用にも便利。

有料で、鯛焼きの形をした小箱(5~6匹用)や、ふろしき型の大箱(10匹用)といった化粧箱も用意されているので、差し入れにもピッタリ。

鳴門鯛焼本舗 広島本通店 化粧箱
化粧箱(小箱)

また、夜遅くまで営業している鯛焼き屋さん、というのも珍しいです。

鳴門鯛焼本舗 広島本通店
住所 広島県広島市中区本通2-5
営業時間 平日・日・祝日:10時~22時
金・土・祝前日:10時~23時
問い合わせ 082-240-5688
備考 テイクアウト専門店。客席なし。通行の妨げにならないようご注意ください
周辺 広島市中区グルメ / 周辺スポット / 中区おでかけマップ

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

ads