カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.09.15 Mika Itoh /最終更新日:2019.09.15

西国街道のデザインマンホール

広島市は浅野氏広島城入城400年記念事業の一環として、江戸時代に西国街道と呼ばれていた山陽道の一部に「西国街道マンホール」を設置。

江戸時代に「西国街道」と呼ばれていた山陽道。広島市はこの道の一部に、西国街道をPRするデザインマンホールの設置を2019年9月からスタートしました。

西国街道のデザインマンホール

広島駅から紙屋町・八丁堀エリアの賑わい創出と下水道事業のPR、そして浅野氏広島城入城400年記念事業の一環として実施。

西国街道とは
江戸時代に、京都と下関を結ぶ山陽道を、広島藩では「西国街道」と呼んでいました。当時の五街道(東海、中山道、日光道、奥州道、甲州道)に次ぐ規模を誇り、道幅は2間半(約4.5メートル)もありました。今も、往時をしのぶ歴史的な建造物が点在しています。 広島市

マンホールのデザインは、背景に川の街・広島の「川」をイメージした綺麗なブルーを背景に、広島城と川の街で働く職人などが浮世絵風に描かれています。

仏壇通り(広島県広島市中区堀川町)に設置された真新しいカラーマンホール。ここから猿猴橋に向けて64カ所に西国街道のマンホールが設置されていくとのこと。

広島県のデザインマンホール一覧

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ