忍者スタンプ

広島・大崎上島でロケ!家族はつらいよⅢ、山田洋次最新作

映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」のロケが広島県 大崎上島で行われた。瀬戸内海を見渡すロケーションの中、山田洋次監督とキャストの橋爪功さん・吉行和子さんがインタビューに応えました。

「男はつらいよ」「学校」などの作品で知られる山田洋次監督の映画最新作「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」が2018年5月に全国公開されます。今作は、現代の家族の騒動を描いた喜劇「家族はつらいよ」シリーズの第三弾。

広島・大崎上島でロケ!家族はつらいよⅢ、山田洋次最新作
記者らの質問に和やかな雰囲気で応えた(左から)橋爪功さん、山田洋次監督、吉行和子さん

今作では、橋爪功さん演じる周造の故郷・広島(大崎上島)でもロケを敢行。2017年11月28日に大崎上島での撮影を終えクランクアップとなりました。

家族はつらいよ3 大崎上島でロケ

大崎上島で撮影されたのは、瀬戸内海を見渡す墓地でのシーンと、浜辺に提灯を下げた屋台店で宴席を囲む親戚とのシーン。

家族はつらいよ3 大崎上島でロケ2
ホテル清風館の裏手にあるビーチでも撮影が行われた

広島ロケ作品 一覧

大崎上島×山田組のロケは、2013年公開の「東京家族」以来。

「家族はつらいよ」は「東京家族」と同じキャストで現代社会のシリアスな諸問題を喜劇で描いた作品。それぞれの作品に登場するキャストの役名などは異なっていますが、周造の故郷はいずれも大崎上島の設定となっています。

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」のクランクアップを前に、大崎上島のきのえ温泉 ホテル清風館にて山田洋次監督・橋爪功さん・吉行和子さんに今回の映画についてお話を伺いました。

家族はつらいよⅢ インタビュー、作品のテーマについて

監督
「家族はつらいよ」は家族の問題がテーマですが、今回は息子夫婦の問題をテーマにしています。家庭における主婦の立場を代表しているのが(夏川結衣演じる)史枝という役ですから、その主婦の激しい抗議と言いますか、夫にだけでなく、世の中に対する抗議がテーマにならないといけないなと思って作りました。

山田洋次監督、家族はつらいよ3

数ある島の中から、大崎上島を選んだ理由は?

監督
瀬戸内海にしたいと思っていました。海も綺麗で島が多くて美しくて。いろんな所をまわった中でここを選んだのは、町のたたずまいや風景など総合的にみて、2人(橋爪&吉行が演じる夫婦)の故郷に相応しいと思って選びました。

もう1つは、この島は橋が架かっていないという良さがありました。橋がないため、東京に行くには随分時間がかかる。そういう環境が今回の作品には必要だったという事もあります。

家族はつらいよ3 キャスト会見2

大崎上島の印象は?

吉行和子
「東京家族」の時は私は死んだのですが(笑)、「東京家族」のとみこがどういうところで産まれ育った人なのか知りたかったので、撮影の前に一度こちらに伺いました。私は両親が岡山なものですから、瀬戸内海がとても好きなんです。

橋爪功
俺って島の人間に見えますかね?(笑)昔、俺の兄貴が先祖を探ってみたら「うちの先祖は村上水軍だったらしいぞ」と(笑)ぜったいウソだと思うんですけど(笑)。大崎上島のホテル清風館の支配人が村上さん(※1)という方で、村上水軍の末裔だって言われていたので、なぜか身近に感じました。この島はIターンも増えたそうで、凄いですね。

監督
僕は満州育ちで、こういう風景とは無縁の環境で育ちました。だから少年時代からの憧れの風景が瀬戸内海の風景だと言えると思います。

橋爪功、家族はつらいよ3

メッセージを

監督
家庭の主婦に見て欲しいです。また、夫や子供たち、年老いた親たちにも見て欲しい。日本の主婦の立場について、この国に男女差別が本当に無くなっているのだろうか?実はかなり根深く残っているんじゃないだろうか?そういう問題について考えて下さればいいなと思っています。

橋爪功
今回の作品は、西村くんと夏川さんの(西村まさ彦&夏川結衣が演じる)夫婦の問題がテーマなので、今までと違った視点で見て頂けるのではないかと。僕と吉行さんは今回は刺身のつま以下ですから(笑)

家族はつらいよ3 吉行和子

吉行和子
家族の中で私(の役)はいつも働かないんですけど、嫁(夏川結衣)がとてもよく働いてくれて。でも、その嫁が家出しちゃって、じゃあ私が頑張るわって頑張っていたら私が腰痛になって動けなくなって、それで仕方なくこのお父さん(橋爪功)が働くんですけど、何一つできないんですよ(笑)いかに女の人がよく働いて家庭が維持されているのかが本当によく分かると思いますし、皆さん思い当たると思います。

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」あらすじ

史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。

ある日、家事の合間にウトウトしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!!夫から「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまで溜まっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。

一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に代わり、周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するがそんなこと続くわけがない。

家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するのだが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。家族会議、緊急召集!平田家崩壊の危機か!?

ダメ夫を持つ全ての女性が笑って共感し、しみじみ泣けて励まされる。映画界の巨匠・山田洋次監督が贈る、新・国民的喜劇シリーズ第3弾。

※1 村上支配人は2016年に退職

広島ロケが行われた作品 一覧

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.11.30 11:30 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 豊田郡 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP