ひまねきテラス、第二音戸大橋の食堂・売店で展望休憩

第二音戸大橋の倉橋島側につくられたサービスエリア的存在の「ひまねきテラス」。ちりめん丼やアイスなどが食べられたり、景色を眺めて休憩する事ができるスポットです。

第2音戸大橋の入口(倉橋島側)に、食堂と売店を兼ねるお店「ひまねきテラス」があります。

ひまねきテラス、第二音戸大橋の食堂・売店で展望休憩

ひまねきテラスは、警固屋バイパスのサービスエリアのような存在。(警固屋バイパス=第二音戸大橋を含む全長3.9kmの道路のこと)

呉市警固屋と倉橋島(音戸町)を結ぶ第二音戸大橋は、別名「ひまねき大橋」といい、同じネーミングで売店が長めの良い場所につくられています。

第二音戸大橋は歩道もありウォーキングを楽しむ方も居るため、ドライバーだけでなくウォーキングの休憩ポイントとしての利用されているようです。

ads

のんびりしたくなる贅沢な景色、ひまねきテラス

真っ赤な看板が目印のひまねきテラス。お店の外にも海を眺められるベンチが設置されています。

ひまねきテラス 外のベンチ

ここから北側を向くと大和ミュージアムなどがある呉市内方面と工場、西側には江田島、その奥に薄っすらと広島市内が眺められます。

ひまねきテラス からの呉の眺め

ひまねきテラス店内には売店スペースと食堂スペースがあります。売店の方には音戸の名産である藻塩を使った加工品や豊島太刀魚ラーメン、レモン関連商品、ちりめんなどを販売。

ひまねきテラス 売店の店内

ひまねきテラス 売店で売られていたちりめん

ひまねきテラス 売店の様子

ちりめん食堂(食堂スペース)では「音戸ちりめん丼(480円)」「ちりめんとキャベツのペペロンチーノスパゲティ(580円)」のほか、ちりめんソフト、コーヒーなどのドリンクメニューも。

ひまねきテラス ちりめん食堂

窓は大きくつくられているため明るくて気持ちいい。2階へ上がると、屋上席にはテラス席が。こちらでいただくと眺めも堪能できておすすめです。

ひまねきテラス ちりめん食堂の1階席
(1階の様子)

2Fテラス席は、道路側(南側)と
ひまねきテラス 2階屋上

海側(北側)の席があるのでお好みの席を。
ひまねきテラス 屋上からの眺め

店の外にはトイレもあるので、ドライブ休憩やリフレッシュにも気軽に利用できます。

ひまねきテラス 外のトイレ

ひまねきテラス 外観

ひまねきテラス
住所 広島県呉市音戸町坪井1丁目122-1(地図
営業時間 10時~18時
定休日 年中無休

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP