2015大河「花燃ゆ」に向け、山口で 文ちゃんキャラ誕生

2015年1月4日に放送開始のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に先立ち、主人公の故郷 山口県(萩市)では大河フィーバーに向けて準備が着々と進行中。かわいいキャラクター「文ちゃん」も誕生していました。

2015年1月4日からいよいよ放送開始となるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」。
大河ドラマ放送開始を前に、山口県では主人公の “文(ふみ)”をモチーフにしたキャラクター「文ちゃん」が誕生していました。

2015大河「花燃ゆ」に向け、山口で 文ちゃんキャラ誕生

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、幕末の思想家・教育者として知られる吉田松陰の妹、 “文(ふみ)”が主人公の物語。文を演じるのは実力派若手女優の井上真央さんであるとして2013年末に公式発表されましたが、この頃から 吉田松陰や文の故郷である

萩市を中心とする山口県全体では着々と「大河フィーバー」に向けて準備が進んでいます。

その中の一つ、キャラクター「文ちゃん」を手掛けたのはNHKのソチオリンピック公式オープニング映像をはじめ、安室奈美恵のMVを手掛けたこともあるという、山口市出身のアーティスト・YKBXさん。

キャラクターは文に関する歴史的資料が少ない中、「松陰が開く塾に通う塾生のアイドル的存在でありながら、凛とした強さを持つ女性」というイメージを独自に膨らませて作られたものだそうです。

キャラクターは県内外を問わず無料で使用でき(使用の申請は必要)、すでに山口では多くの「文ちゃん」イラスト入りの商品が登場。2015春にはキリンビールからもデザイン缶・瓶が発売予定とのこと。

山口県は広島のお隣の県なので、今後もいろんな場面で「文ちゃん」と出会う事がありそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 近郊 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP