被災者を狙った詐欺が多発、広島土砂災害への寄付も振込先は再確認を!

広島市で起こった土砂災害。この出来事を悪用し空き巣に入ったり、避難勧告の出ていないエリアに警察を名乗った電話が掛かり「避難してください」と偽りの連絡をして侵入しようとする手口が発生しています。

広島市で起こった大雨による土砂災害。この出来事を悪用し空き巣に入ったり、避難勧告の出ていないエリアに警察を名乗った電話が掛かり「避難してください」と偽りの連絡をして侵入しようとする手口が発生しています。

寄付の受付も日々増えていますが、これについても詐欺が懸念されています。広島警察本部より以下のように注意発起が出ていますのでご注意願います。

被災者を狙った詐欺が多発、広島土砂災害への寄付も振込先は再確認を!

8月20日に発生した広島市の土砂災害に関して、自治体や各種団体・企業が義援金の受付を開始しています。それに伴い、今後、義援金を名目として現金をだまし取る詐欺の発生が懸念されます。

善意を悪用されないために、
・実績や収支を明らかにしている信用のおける団体等を選択しましょう
・公的機関の職員を名乗って寄付を求められた場合は、電話帳に掲載されている電話番号にかけるなどして確認しましょう
・相手の言葉を鵜呑みにせず、見ず知らずの個人や団体の募金については特に注意しましょう
広島県警察本部 安全安心推進課 082-228-0110

寄付を行う時は、送金先がくれぐれも信用できる団体であるか十分に注意して行って下さい(信頼できる受付先まとめはこちら)。また、ボランティアを名乗り被災者を狙った詐欺も発生しています。

そういった観点からも被災者の不安を出来るだけ減らすため、ボランティア希望者は自主的に現地に向かい思い思いの手伝いをするのではなく、きちんとボランティア受付を行ってから現地へ派遣されるようお願い致します。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP