盆灯篭があざやかな、広島のお盆の風景

広島県のお盆の風景。お盆前になると、スーパーやコンビニなどで盆灯篭(盆灯籠)が販売されています。広島県西部ではお盆になると、白やカラフルな盆灯籠をお墓の周りに立てる風習が残っています。

お盆前になると、スーパーやコンビニでも盆灯篭(盆灯籠)の販売がスタートします。

初盆(新盆)には色紙や装飾は使わず、まっ白な盆燈籠を使い、それ以降の年は、赤・青・黄などの色紙を貼って作られるカラフルな盆灯篭 をお墓の周りに立てます。

盆灯篭があざやかな、広島のお盆の風景

県外の友人に、「ねぇ、あれって何?」と聞かれるまで、どこの県でもお盆にはこの 盆灯籠 を飾るものだと思っていましたが、実はこの景色、広島県独特の風習なんだそうです。(香川県の中心部で一部行う地域もあるとか。)

盆灯篭、もともとは浄土真宗本願寺派の安芸門徒の信徒が広めた風習だと言われていますが、

広島では宗派関係なく、お盆には盆灯籠を飾ることをお寺で認めている寺院が多く、お盆の時期になるとあちこちの墓地に沢山の盆灯篭があざやかに供えられています。

ads

盆灯篭は広島だけ?地域によって違う、お盆のカタチ

広島県の盆灯篭

広島のお盆に飾られる盆灯篭の価格は、大きさにもよりますがだいたい1本 600円~1000円前後。

盆灯篭 って、六角形になっていてそれぞれの面に色紙を貼っていますが、1面は下の部分を切り離してありヒラヒラしています。あれは、雨が降った時に 盆灯篭 に水が溜まらないようにするためと風を通すために開けてあるのだとか。

ちなみに、同じ灯篭でも切子灯篭 と呼ばれる、以下の灯篭。

切子灯篭 画像

愛知県では、こんな盆灯篭を飾るんだそうです!お盆1つとっても、各地域によってこんなに違うんですね。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP