Onomichi U2(尾道U2)、オシャレな倉庫ホテルに寄り道利用も

日本で初の“自転車でチェックインして部屋まで持ち込める”という、サイクリスト向けホテル Onomichi U2が2014年3月にオープン。パン屋さん・レストランもあり、無料駐車場あり。

日本ではじめて“自転車でチェックインして部屋まで持ち込める”という、サイクリスト向けのホテル Onomichi U2が2014年3月にオープンしました。

Onomichi U2(尾道U2)は、尾道水道沿いにあった空き倉庫「県営上屋2号」を改修して作られたホテルで、その外観と質感を残しつつキレイに整備されています。

Onomichi U2(尾道U2)、オシャレな倉庫ホテルに寄り道利用も

業態は違いますが、広島市南区の倉庫街「デポルトピア」にあるフレックスギャラリーにもにた雰囲気。(ここも倉庫を改修して作られています)

Onomichi U2は「サイクリスト向け」というコンセプトがあるため、建物の周辺から床がフラットなところ(段差が少ない)やトイレの横にシャワールームがあったりするところがやはり宇品デポルトピアと違うポイントです。

ads

スタイリッシュな屋内と、ムーディーな宿泊ゾーン

Onomichi U2の建物横にある公衆トイレとシャワールーム。非常に便利ですが、どちらも朝7時から21時30分までと、利用時間は決まっているのでご注意。

Onomichi U2(尾道U2) 公衆トイレ
※写真左手がトイレとシャワーの建物

Onomichi U2(尾道U2) シャワールーム

元々は倉庫として作られた建物のため、鉄の厚い扉がいくつか連なるOnomichi U2。入口には番号が書いてあり、「5番」がホテルエントランス横で、建物の中央部にもなっています。

Onomichi U2(尾道U2) 外観画像

Onomichi U2(尾道U2) 入口画像


ホテル部分は間接照明が主、という感じで爽やか…というよりもムーディーな雰囲気。階段横にあるのがフロントなのでここからチェックイン。

Onomichi U2(尾道U2) ホテル入口

自転車も持ち込めるようになっているため、内装はシンプルイズベスト、という感じでしょうか。

この反対側にはパン屋さん、カフェ、カウンターバー、レストラン、サイクルショップが入ります。
Onomichi U2(尾道U2) ショップ画像

Onomichi U2(尾道U2) サイクルショップジャイアント

Onomichi U2(尾道U2) パン屋さんの画像

ホテルの宿泊プランによっては、このパン屋さんでの朝食が付いているようです。

そのまま建物の反対側に出ると、仕切りのない屋根つきデッキになっていて目の前は海。暖かい季節だと、海風が気持ちいい!対岸には造船所もあるため、夜には向島のライトアップも楽しめそうです。

Onomichi U2(尾道U2) から見る海

Onomichi U2(尾道U2) から見る海2

Onomichi U2(尾道U2) から見る海3

Onomichi U2はこの通りホテルのみの施設ではないため食事やちょっとしたコーヒーブレイクにも気軽に利用できて便利。

サイクリスト向けのため、どちらかといえば駐車場は少ないですがドライバーの利用ももちろんできるので気軽に立ち寄ってみては。

Onomichi U2(尾道U2)
住所広島県尾道市西御所町5-11
電話0848-21-0550
営業時間ショップにより異なる。※ホームページにてそれぞれの営業時間をご確認ください。
備考Onomichi U2公式サイト

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP