カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/05/24 伊藤 みさ │更新:2020/05/24

河戸帆待川駅(こうどほまちがわ)広島・JR可部線の小さな無人駅

広島市安佐北区でJR可部線沿いに2017年3月に開業した新駅、河戸帆待川駅(こうどほまちがわえき)。この駅は無人駅で、小さいながらも町の特徴も取り込んだつくりになっています。

JR河戸帆待川駅(こうどほまちがわえき)は、広島県広島市安佐北区亀山に2017年3月4日に開業した駅。

河戸帆待川駅(こうどほまちがわ)、JR可部線に作られた新駅

2003年に非電化区間であることから一度廃止となっていたJR可部線(廃止区間は可部~三段峡まで)ですが、2017年3月に約1.6kmの電化延伸をし復活。

JR河戸帆待川駅(こうどほまちがわ) を含む路線図

可部駅 - 河戸帆待川駅 - あき亀山駅】の区間が延伸されたことで、 可部線の終着駅は「JRあき亀山駅」となりました。

動画で見る、河戸帆待川駅の様子

以下動画は河戸帆待川駅の全体の様子。

Youtubeチャンネル


単線のため、ホームも1つのみ。

JR河戸帆待川駅 駅構内の様子3

改札口も、線路の北側(県道267号線沿い)に1ヶ所のみとなっています。

JR河戸帆待川駅、駅名の由来など

JR河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅は小さな無人の駅で、駅舎も改札口がある程度。

JR河戸帆待川駅 外観全体

改札口の横に券売機と時刻表があり。

JR河戸帆待川駅 駅構内の様子

JR河戸帆待川駅 駅構内の様子2
ICカードも使用可能

駅前にはベンチとオブジェが置かれた小さなスペースがあるのみ。ロータリーは設けられおらず、車の駅前駐車はNGとなっています。

あき亀山駅では「亀」のイラストが描かれていた駅のシンボルマークですが、河戸帆待川駅では「帆船」になっています。

JR河戸帆待川駅 駅名版

どちらの駅も古くから地域を支える「川」をイメージしたつくりになっており、あき亀山駅は屋根の曲線で川を表現し、

河戸帆待川駅は、古くから可部地区特産の鋳物をイメージした駅名板やモニュメントが設置されています。

JR河戸帆待川駅 鋳物のオブジェ

駅の下には駅名の由来となった小さな川「帆待川」が流れているそうですよ。

JR河戸帆待川駅
住所 広島県広島市安佐北区亀山2丁目
駐車場 なし
備考 安佐北区グルメ / 安佐北区スポット / 周辺おでかけマップ

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐北区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ