カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/09/19 伊藤 みさ │更新:2020/09/20

広島市現代美術館が休館へ、リニューアルは2022年度中

開館から30年余り、広島市現代美術館が2020年12月末に休館。2022年度中のリニューアルオープンに向け改修が行われます

広島市現代美術館は2020年12月28日からいったん休館し、建物の全面改修に入ります。

広島市現代美術館が閉館へ、30年の歴史 新時代へ

比治山の高台に開館しおよそ30年。「平成」と共に歩んできた広島市現代美術館は、そのものが広島を代表する現代建築。建築家・黒川紀章氏による設計で、現在も各地から建築ファンが訪れます。

美術館の改修は、広島市が “国際平和文化都市として復興した広島の今を実感できる拠点” として比治山公園を【平和の丘】に整備する計画の要という位置づけ。

美術館として必要な基本的機能の回復を図るとともに、一部デザインの変更・新設スペースもあり。現代美術による平和発信機能の強化を図る。

リニューアルオープンは2022年度中の予定となっています。

広島市現代美術館 改修後のイメージ
現代美術館入口右手の改修パース図 / 広島市

休館を前に、広島市現代美術館では「ゲンビ・リコレクション」と銘打ち、2020年7月から12月までに3回の特別展示と関連ワークショップを実施中。(リコレクション=記憶・思い出)

これまでに行われた展覧会を振り返ったり、美術館建設当初の建築家の意図を紹介、開館から30年余りのうちに用途がかわった・使用されなくなった館の部分なども公開する。

「平和の丘」構想ではこのほか、公園内からの眺望を確保するための樹木の間伐・剪定といったものからスカイウォーク乗降口周辺の広場整備・園路改修、案内サインの改修など多岐にわたる。

比治山公園 全景
比治山公園の全景。ビルなどの建物が立ち並ぶその中に、緑生い茂る公園(丘)がつくられている

その要となる美術館の改修が進むことで、全体の計画も大きく前進しそうです。


※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ