カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/12/06 伊藤 みさ │更新:2020/12/06

道の駅 さんわ182ステーション、カフェや産直市が新築リニューアル

道の駅さんわ182ステーションが段階的にリニューアルを行い、2020年3月にオープン。パワーアップした産直市やオシャレになったフードコートには多くの人が詰めかけています

広島県東部・神石高原町のドライブ休憩スポット、道の駅 さんわ182ステーション。

さんわ182ステーションは、神石高原町を通る国道182号線(福山市神辺~庄原市東城~岡山県新見市へとつながる道)沿いにある道の駅

道の駅 さんわ182ステーション、カフェや産直市が新築リニューアル

山道の途中にあり、ドライブ休憩にピッタリ。そんな道の駅さんわ182ステーションが、2019年11月~2020年3月にかけて段階的に大規模リニューアルオープンを終え生まれ変わっています。

新しくなったのは主に「産直市場」「182CAFE」「観光案内所」の3つ。建物も建替えられているため、見た目も綺麗に生まれ変わって多くの人で賑わっています。

リニューアル以前の、道の駅さんわ182ステーション

以下は、リニューアルする前の「道の駅さんわ182ステーション」の様子。

道の駅 さんわ182ステーション リニューアル前の様子

写真は2011年8月に撮影したもの。道の駅は、産直市・加工品販売エリア・レストラン・トイレなどで構成されていました。

産直市にはコンテナがズラリと陳列され、中には様々な野菜が並ぶ。

神石高原の道の駅 さんわ182ステーション 産直市リニューアル前の様子

特産品の「こんにゃく」は専用のコーナーが設けられ、また「すっぽんの子」が販売されていたのも、珍しくて印象的でした。

さんわ182ステーション 神石 道の駅6

2011年8月にはコンビニエンスストアのローソンが出店。この辺りにはお買い物をする場所がなかった事から、コンビニのオープン時はとても歓迎されていたようです。

道の駅 さんわ182ステーションの横にあった公園(リニューアル前)

そして道の駅の隣は、以前は遊具と見晴台がある「きのこの森」がありました。

新しくなった、道の駅さんわ182ステーション(リニューアル後)

道の駅さんわ182ステーションは、地元産品がたくさん揃えられる魅力そのままに、建物もとてもきれいになって生まれ変わっています。

産直市が広く!奥まで見渡せる並び

天井が高く、面積も広くなったよう。

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした産直市入口

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした産直市の様子

陳列棚も並びも変わり、鮮やかな色の野菜たちがおいしそうに並んでいます。

こんにゃくはもちろん、

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした産直市の様子2

お餅やお惣菜も。神石牛などお肉も並んでいました。

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした産直市の様子3

お土産ものもこちらの中で取り扱われていて、「お買い物」はこちらで完結!レジは、操作はお店の方・支払いのところだけセルフという方式に。

182CAFEで軽食やコーヒー、ソフトクリームも

敷地の真ん中あたりに新しくできたのが「182CAFE」。2020年3月1日にオープンしましたが、新型コロナの影響を受けて一時休業を余儀なくされていました。しかし現在は、再オープンしています。

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした182CAFE
182CAFE外観

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした182CAFE

ここでは「神石高原ホットドック(神石高原ポーク使用)」ほか、うどんやそば、コロッケ・メンチカツなどの軽食がいただける。

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした182CAFEの様子・メニュー

筆者は地元の名物がコラボした「神石牛こんにゃく」をいただきました。コバラがすいた時にちょうどいい。

道の駅 さんわ182ステーション リニューアルした182CAFEの様子2
こんにゃくに味がしみてて美味しい。個人的にはもうちょっとお肉が欲しかった

このほか、コーヒーなどのドリンク・いろんな味のソフトクリームも。メニューは季節によって変更になるよう。また、週末は人気のメニューが売り切れになることもあるので早い時間の方がおすすめ。

レストラン・ローソン・神石観光協会の案内所

以下は2011年8月にオープンした、やまびこローソン神石高原町店。ガラス張りの建物で、ローソンとしてはちょっと珍しい外観。

道の駅 さんわ182ステーションに入るローソン

そしてローソンの奥側には、自然食レストラン「高原の風」が入っています。

道の駅 さんわ182ステーション 自然食レストラン

やまびこローソン神石高原町店は品揃えなどは同じ(オープン当初はなかった「マチカフェ」の取扱いもスタート)で、7時~21時の営業。また、来店が困難な人を対象に移動販売や注文配達を行う。

ローソンの向かいには、神石観光協会が入る建物があります(いぜんはうどんやそばなどを提供するフードコートでした)。こちらも2020年3月にリニューアル。観光のパンフレットなどが入手できます。

道の駅 さんわ182ステーション 観光協会も入った

ちなみに、道の駅さんわ182ステーションはフリーWi-Fiが利用できる。これはありがたい!

移動販売車(キッチンカー)や露店などもあり賑やかに

182CAFEや産直市の建物前では、キッチンカーなどが営業していることも。出店者は異なることもあるようですが、筆者が訪れた日(週末)は「ツートン」号がクレープの販売をしており、行列ができていました。

道の駅 さんわ182ステーション にキッチンカーも登場

道の駅 さんわ182ステーションにキッチンカー、ツートンのクレープ
写真は「本日の限定クレープ(フルーツミックス)」

区切り

施設の建替えやディスプレイ、取り扱うもの等の変化もあってか、約10年前と比べると訪れる人の年齢層もグッと広がっているように感じます。

神石高原町の道の駅 さんわ182ステーション 全貌

今や道の駅はどこも観光スポット化していて、その地らしさを感じられる場所。午前中~お昼前後あたりが品数も豊富でねらい目ですよ。

きのこの森は、こどもたちの遊ぶ声が響く遊具付きの「トマトランド」へ!

道の駅の隣で以前は「きのこの森」だった場所が、2018年3月リニューアル! 現在は「トマトランド」に生まれ変わっています。

道の駅 さんわ182ステーション 横に公園「トマトランド」

丘の上には、神石の自慢「トマト」をモチーフにしたカラフルな大型遊具とロングすべり台があり、

道の駅 さんわ182ステーション 横に公園「トマトランド」2

滑り台を下りてきた下には、幼児向けの遊具もあり。親子連れが多く訪れていて、楽しそうに遊んでいました。

道の駅 さんわ182ステーション横に公園「トマトランド」

道の駅 さんわ182ステーション
住所 広島県神石郡神石高原町坂瀬川5146-2(地図
営業時間 産直市:7時~18時
182CAFE:9時~17時
高原の風:11時~15時
やまびこローソン:7時~21時
関連 「道の駅」特集 / 広島の公園特集
最近リニューアルした施設
秋色に染まる神石高原町
周辺 神石グルメ / 神石スポット / 周辺おでかけマップ

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 神石郡 スポット 観光 』の一覧

ads