カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.11.30 Mika Itoh /最終更新日:2019.11.29

アストラムライン本通駅に大型ステンドグラス「夕凪の街 桜の国」デザインで

平和公園の最寄り駅であるアストラムラインの「本通駅」に、こうの史代さんの「夕凪の街 桜の国」をモチーフにした大型ステンドグラスが、パブリックアートとして設置される。

アストラムラインを運営する広島高速交通株式会社は、パブリックアートで賑わい創出しようと「アストラムライン本通駅」に大型ステンドグラスを製作・設置すると発表しました。

アストラムライン本通駅に、こうの史代「夕凪の街 桜の国」の大型ステンドグラス

パブリックアートとは、美術館やギャラリーなど美術品を展示する場所以外の公共的な空間に設置する芸術作品のこと。

アストラムライン本通駅に設置されるパブリックアートのデザインは、広島出身の人気漫画家・こうの史代さんの代表作の一つである「夕凪の街 桜の国」がモチーフ。

夕凪の街 桜の国」は、原爆投下から10年後の広島を舞台に、原爆被害に苦しみながらも強く生きる家族の姿を描いた物語。こうの史代さんの温かいタッチと色使いの作品がステンドグラスとなり美しく光に映え、駅に華を添える。

平和のメッセージと美しいアートで、広島の来訪者をおもてなし

本通駅は、原爆ドームや平和記念資料館のある広島平和公園の最寄り駅であるため、地元の人だけでなく多くの観光客が利用する駅。

アストラムライン本通駅にパブリックアートを設置することで、平和の尊さを伝えたいというメッセージや、景観創り、地域の魅力向上などを創出し、世界中の来訪者をおもてなしするとのこと。

今回、パブリックアートとして本通駅に設置されることについて、こうの史代さんは以下のようにコメント。

『夕凪の街』はわたしにとって人生の転機となった大切な作品です。基町周辺に絵を飾っていただいて、本当に嬉しいです

ステンドグラス「夕凪の街 桜の国」のサイズは縦2.8m×横7.0mで、2020年2月29日にお披露目予定となっています。

広島市中区グルメ / 周辺スポット / 中区おでかけマップ

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ