広島護国神社

広島護国神社は、広島県中区基町の広島城跡地の一角にある神社。別名・鯉城(りじょう)とも呼ばれており、地元のプロ野球球団である広島カープが必勝祈願や優勝報告をする神社でもある。

広島護国神社は広島市中心部、広島城跡(広島城天守閣のたもと)にある神社。

地元広島のプロ野球球団「広島東洋カープ」がキャンプインの際などに必勝祈願に訪れたり、地元の方が結婚式を行ったり、初詣の際にもたくさんの人が訪れる場所です。

護国神社01

そんな広島護国神社は、明治元年の戊辰戦争で戦没した78柱の広島藩士を「水草霊社」に祀ったことが創建とされています。その後、戦争の犠牲になられた方の神霊も祀られているそう。

広島護国神社はもともとは二葉の里(広島駅の北側エリア)にあり、旧広島市民球場周辺へ移転した後に至近距離上空に原爆投下され焼失。そして、昭和31年に現在の場所に再建された、という歴史を持ちます。

護国神社02

広島城は別名・鯉城(りじょう)と呼ばれており、境内には鯉の像が置かれていたり、おみくじ御朱印帳のデザインにも鯉が描かれているのが特徴的です。

護国神社03
祈願受付前にある「双鯉の像」。絵馬の前にも「昇鯉の像」が置かれています

広島護国神社について

広島護国神社

所在地 広島県広島市中区基町21-2
電話番号 082-221-5590
駐車場 最寄りの広島中央駐車場(地下)か基町パーキング(地下)など
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット
関連

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2018.05.31 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード

ページ上部へ