蒲刈大橋(かまがりおおはし)

蒲刈大橋(かまがりおおはし)は、広島県呉市の下蒲刈島と上蒲刈島を繋ぐトラス橋。安芸灘とびしま海道に架かる7つの橋のひとつで、下蒲刈島の観光エリアそばにあります。

蒲刈大橋は、広島県呉市の沿岸部にある 下蒲刈島上蒲刈島を結ぶ 全長480メートルのトラス橋(複数の三角形による骨組構造)。

蒲刈大橋(かまがりおおはし)とびしま海道

広域営農団地農道整備事業として建設され、 完成当時(1979年)は農道としては日本最長の橋でした。

蒲刈大橋02
蒲刈大橋03

蒲刈大橋のたもとは、散歩したくなる気持ちのいい風景の広がる散歩道や、
下蒲刈島の歴史と文化を紹介する松濤園(しょうとうえん)蘭島閣美術館があり。

蒲刈大橋のそばに、松濤園や蘭島閣美術館

また、自転車やバイクの見晴らしスポットとして、高台から橋を見下ろせる潮流みはらし台があるほか、

橋の東側(上蒲刈島側)には、仏ヶ崎展望台(であいの館から徒歩2分)があり、ここから蒲刈大橋を間近に見ながら周辺の綺麗な景色も一望できます。

動画で見る、蒲刈大橋と周辺の風景

蒲刈大橋(かまがりおおはし)について

蒲刈大橋(広島県呉市)とびしま海道
所在地 呉市下蒲刈町~呉市蒲刈町(三之瀬瀬戸)
完成 昭和54年10月13日(供用開始)
橋長 480m
周辺 「とびしま海道」とは
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2018.07.05 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード