松濤園で梅見茶会、美術品使ったお茶席で春を

海を見渡しながら、この地に伝わる歴史や美術品・建築物を楽しむことが出来る呉市下蒲刈町の松濤園にて、梅見茶会が2016年2月6日・7日の2日間開催されます。

広島県呉市下蒲刈町にある松濤園(しょうとうえん)にて、2016年2月6日・7日に梅見茶会が行われます。

松濤園で梅見茶会、美術品使ったお茶席で春を
画像はイメージ

松濤園は上蒲刈島との海峡を見渡せる場所にあり、瀬戸内の要衝として栄えてきた歴史や美術品・建築物を見学できる施設。

この敷地内の庭園にて茶会が行われる予定で、この日のために庭に用意された梅を愛でつつお茶を頂く事が出来ます。(6日は点前、7日は点出 ※点出は裏で茶を点てて出すこと)

松濤園 梅見茶会2016

松濤園所蔵の美術品を使ったお茶会で、茶席料は無料。(但し松濤園の入館料が必要)

温暖な下蒲刈ではすでにちらほら梅が咲いているとのことで、お茶会では春の訪れを感じる事ができそうですね。茶席は両日共に9時30分~16時まで。園内4つある資料館のうち「蒲刈島御番所」にて実施されます。

松濤園の施設情報

ads


あわせて読みたい

edit 『 呉市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP