カープ×広商コラボグッズ、東京で広島商業の生徒が販売実習

東京・銀座にある広島県のブランドショップ tauにて、広商と広島カープのコラボグッズを含む4商品を2015年11月18日に広商の生徒が販売実習を行います。

2015年11月18日10時30分から15時まで、カープと広商のコラボグッズ販売などが東京・銀座にある広島県のブランドショップ tau(たう)にて行われます。

カープ×広商コラボグッズ、東京で広島商業の生徒が販売実習

これは広島商業高校の生徒が、地域のよりよい商品や企業を知ってもらうため、また教育実践として販売実習を行うもの。

常しょう鯉シールは、広商デパートでも人気だったカープとのコラボ商品。スタジアムで観戦する時に手や頬などに貼れるアートシールになっています。

カープ×広商コラボグッズ、東京 tauで販売へ

デザインは、カープ坊ややスラィリーなどのセット。

またこの他にも、広商デパートのマスコットキャラクター「広デパンダ」がプリントされた、やまだ屋さんとのコラボ饅頭「広デパンダまんじゅう」や、

広デパンダまんじゅう、広島商業高校

香木堂の「酒粕かりんとう」や、大崎下島産のレモンを使った「レモンかりんとう」も販売される予定。当日は、広商の生徒4名がブランドショップ tauの1Fにて販売を行う。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP