シネツイン 閉館、広島本通りのミニシアターが27年の歴史に幕

広島市本通りにある映画館 シネツインが閉館することを発表。閉館日は2016年10月31日で、入居するビルが老朽化に伴う建て替えを行う事がキッカケ。

広島の映画館「シネツイン」が、2016年10月31日で閉館する。シネツインは、1989年にオープンした広島市中区本通りのビル「アペックス2」の地下に入っていたミニシアター。

シネツイン 閉館、広島本通りのミニシアターが27年の歴史に幕

建物の老朽化が原因でビルを建替えることになり、閉館を決意したとのこと。

シネツインと名の付く映画館は「シネツイン本通り」のほかに「シネツイン新天地」がありましたが、フィルム映写機で上映していた為、新天地も2013年末に閉館しています。

ads

シネツイン、27年愛された広島のミニシアター

ビルの階段を地下へと降りてくと、小さく可愛らしい受付があります。シネツインの劇場は90席(9席が10列)。中に入ると、以下のような雰囲気となっています。

シネツイン 劇場内の様子

映画が上映されるまでの間、天井は星空のようになっています。

シネツイン本通りの天井は星空のよう

フカフカの席。

シネツインの席

ドリンクホルダー付きの小さなテーブルが、各席に取り付けられています。

シネツイン 映画館の様子

シネツインには、デジタル映写機や35ミリ映写機も残っており、他では見れないフィルム作品も上映可能のため、「シネツインさよなら興行」として、閉館(10月31日)までは旧作をできる限り上映していく予定とのこと。

ビルの建て替えが理由の為やむを得ない事ですが、閉館してしまうのはとても残念です。運営会社の序破急は、八丁座(2スクリーン)とサロンシネマ(2スクリーン)で引き続き映画を楽しませてくれるとのこと。

ここ数年で閉館した、広島の映画館

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP