しったか貝(広島では つぶ貝)って知っとる? ゆで方・食べ方

昔、海で遊んだ時に 岩場で拾ったことがある!という方も多い しったか貝(尻高貝)。にな貝と呼ばれることもありますが 広島、特に漁師さんたちの間では つぶ貝 として親しまれているこの貝 知っとる??

昔、海で遊んだ時に 岩場で拾ったことがある!という方も多い
しったか貝(尻高貝)。にな貝と呼ばれることもありますが
広島、特に漁師さんたちの間では つぶ貝 として親しまれている
この貝 知っとる??

しったか貝(広島では つぶ貝)

岩と岩の間などにピタっとくっついている しったか貝。
しったか貝を拾ってお皿に入れているとお皿にくっついたり
貝同士でだんごになっていたり…ととっても寂しがりな様子(笑)

しったか貝 つぶ貝の画像

瀬戸内海のお魚や、広島の絶景「島巡り」記事はこちらから

ビジュアル的にはぶっちゃけそんなに美味しそうではないけれど
広島の居酒屋などでは つぶ貝 としてたまに出てくるみたいです。

ads

しったか貝(つぶ貝)の ゆで方や 食べ方は?

しったか貝の ゆで方手順▼
1. 水をはった鍋にきれいにあらった しったか貝を入れます。
2. ひとつまみの塩を入れて茹でましょう。
3. 沸騰して5分ほどで完成!

塩ゆでにして食べるのが一番美味しいようですが、
ダシ・みりん・酒・砂糖・醤油 で炊く(煮付ける)てもグー。

食べ方のコツは、カリスマ漁師 ブルー曰く「マチ針」。
しったか貝は人差し指の第一関節くらまでの小さな貝なので
爪楊枝ではうまく刺さらず、取り出せないらしい。

しったか貝 つぶ貝をゆでた後の画像

裁縫用のマチ針で刺して、貝殻をクルクル回しながら取ると
ワタ(肝)の部分までキレイに取り出せる!
お酒のつまみとして、うまく取れたらニヤニヤしながら食べましょう。

旬は春先から夏にかけて。
日本酒やビールと共に美味しくどうそ!

通必見の巻貝ボイル/しったか (にな貝)

※お店で購入してきたものについてはそんなに心配はないかもしれませんが
海で拾って来たり…というものは特に「砂抜き」をしておきましょう。
海水や塩水に しったか貝をひたして数時間待てば
食べた時に「ジャリッ」となる事も少ないと思います。

ads


あわせて読みたい

edit 『 瀬戸内海のおさかな 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP