カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2014/01/06 伊藤 みさ │更新:2020/12/19

テングソースは渋い天狗が目印、広島・三原の濃厚ソース

テングソースは、広島県三原市で製造されている濃い目のお好みソース。天狗のイラストが目印で、お好み焼き用・とんかつソース・テングウスターソースなども有り。野菜と果物の甘みがきいてます。

広島県三原市で製造されている テングソース(テングお好みソース)。広島県内でも、お好み焼きの味はエリアによって具材やソースなどの違いがあります。

テングソースを使うお好み焼きが食べられるのは、広島県三原市。

テングソースは渋い天狗が目印、広島・三原の濃厚ソース

テングソースは、広島市内などでよく使われているオタフクソースよりも色が濃く、「とろみ」もかなり強め。一度食べると、クセになる美味しさがあります。

テングソースは、三原市の中間醸造さんがつくっています。三原市民の味としてお馴染みですが、筆者は三原のお好み焼屋さん「てっちゃん」で初めて出会った味でした。

三原のクセになるお好みソース、テングソース

テングソースは、主に三原市周辺にて販売されている“地元のソース”。その人気が話題になり、県内でも少しずつ取扱店を増やしています。

テングソース 画像

三原市のお隣・尾道市のカフェ ゆーゆーにて筆者は購入。ここでは500ml瓶入り420円でした(※執筆時)。

このテングソース、とろっとしているため瓶から出すときには 逆さに向けてトントンするか、出てくるのをじっと待つか…という感じですが、出してしまえば なぜかちょっとサラっとしてくるから不思議。

テングソース 画像2

お好み焼にテングソースをのせると、よく見るお好みソースよりも色が濃く、ちょっと黒っぽく見えます。

三原 お好み焼てっちゃん 出来上がりの写真
(てっちゃんのお好み焼き)

その色黒さから「すごく味も濃そう…」とイメージしますが、ウスターソース系の味に野菜や果物の甘さ、そしてちょっとしたスパイシーさもあり、深みがあります。

お好み焼きだけでなく、炒め物にもバッチリ合いました。(焼きそばにも、もちろんグー!)

テングソース 画像3

炒め物にテングソースをけっこう使ってみましたが、思ったほど黒くならず美味しく仕上がりました。

この他、揚げ物にも合いそうな感じ。根強いファンが多いテングソース、見かけたら自宅用もストックしたくなります。三原ならではの味を、楽しんでみては。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 三原市 グルメ 』の一覧

ads