忍者スタンプ

全国人気の「尾道ラーメン」と地元の定番「とんこつ醤油」、広島の愛されラーメン

広島の昔ながらのラーメンは豚骨醤油(醤油豚骨)ベースが多い。全国でも有名な尾道ラーメンと比べると知名度は低いものの、古くから長く愛され続けている広島ラーメンの定番です。

広島の有名なご当地ラーメンの1つ、醤油系スープに背脂がたっぷり乗った「尾道ラーメン」は全国的に見ても人気。2018年3月2日に発表された“食べたいご当地ラーメンランキング” では、全国で8位にランクインしています。(マルハニチロ調べ)

広島人に愛されるラーメン「とんこつ醤油」、尾道の「背脂醤油」と共に
写真は “広島のラーメンのルーツ”とも呼ばれた「しまい」の中華そば

これに対し、こういったランキングにはなかなか入ってこないものの、地元では根強い人気のある広島の定番ラーメンもあります。それが、広島市を中心に古くから愛されている「豚骨醤油スープ」のラーメン。

博多ラーメン、札幌ラーメン、和歌山ラーメン、熊本ラーメン…等のように地名こそ付いていませんが、醤油スープとこってり豚骨とのコンビネーションがたまらないと、広島人が愛してやまない味です。

今ではラーメン激戦区な広島、懐かしい味はやはり「とんこつ醤油」

そんな “広島ラーメン” のルーツといわれていたのが、2017年春に惜しまれつつ閉店したお店「しまい」。

豚骨醤油(醤油豚骨とも言われる)のスープにチャーシュー、モヤシ、ネギなどシンプルなラーメンですが、広島の定番ラーメンのベースの味になっていきました。地元の有名店だった「すずめ」も、「しまい」から派生したお店です(2015年に閉店。同年6月から味を引き継いだめじろがオープン)。

また、昭和20年代から愛され続ける来頼亭(広島市南区)や、人気店「陽気」、屋台営業からスタートしたという「一味(広島市中区)」も、とんこつ醤油スープ。

広島で昭和の働き盛りたちが胃袋を満たしていた頃の、広島の主流の味だったのかもしれません。

陽気の店構え
陽気(2011年撮影)。昔ながらのお店には、豚骨醤油のラーメンが多い

最近では、広島にも「鶏白湯専門」「濃厚とんこつ」「牛骨」「味噌」など、実に様々なスープのラーメン店がたくさん登場していますが、

豚骨醤油スープのラーメンは、広島を離れていた人が久しぶりに帰省した時に「あぁ、この味この味。」と優しくじんわり体にしみ込み、ホッとさせてくれる定番の味となっています。

関連:バラエティ豊かな広島のラーメン店たち広島B級グルメ特集

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2018.03.08 21:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

ads

ページ上部へ