カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/01/04 伊藤 みさ │更新:2021/01/04

七草がゆは1月7日に、春の七草・日本のハーブでおなかいたわり

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 雑記

1月7日は「日本のハーブ」とも呼ばれる、栄養たっぷりの春の七草が入った七草がゆを食べる日。七草粥に入るものや、その由来について。

1月7日は、七草がゆを食べる日。寒さから、冬は畑の作物が育ちにくい(生育が緩やか)な季節ですが
七草粥に入るものたちは「早春にいち早く芽吹く」という事から生命力に溢れ、“邪気を払う” として昔から食べられてきたもの。

七草がゆは1月7日に、春の七草・日本のハーブでおなかいたわり

また、七草のそれぞれには消化を促進したり、利尿作用がある成分が含まれるものもあり “味の濃いおせちや、お正月の暴飲暴食で疲れた胃にやさしく、理にかなっている” として

七草がゆを食べるという習慣は今も根強く残っています。七草=日本のハーブ!胃腸にやさしい七草がゆで休めて、1年のスタートを元気に!

七草がゆに入る、春の七草

七草がゆに入るのは、「日本のハーブ」といわれる以下の7種類。子供のころに一生懸命覚えたものたちです。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ・スズナ(カブ)・スズシロ(大根)

春の七草 七草がゆに入れる

早春の水辺や、野原などに自生しているものも多い。「消化を助ける」などの成分のほか

セリ=「競り勝つ」
ホトケノザ=「仏の座、仏様が座る場所」

など縁起が良いとされるものも。

これらをそれぞれ採ってきたり探すのは少し手間ですが、お正月の三が日を過ぎたころから道の駅やスーパーなどで7種類がセットになった「七草がゆセット」が販売されるので、これを利用すると便利。

当日にはどこも売り切れていることが多いため、数日前から見かけたときにゲットしておくというのがベストです。(経験談)

忘年会、お正月料理、新年会…と年末からご馳走が続くこの季節。お酒を飲む機会も多く酷使し続けてきた胃にやさしい七草がゆを。普段はなかなか食べる事もなく、こういう時にしか口にしないものもあるので、季節感を味わうにも良さそうです。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

ads