三次市ご当地ナンバープレート、きりこちゃんデザインで4色

三次市が、ご当地ナンバープレート(オリジナルナンバープレート)を2014年4月1日から交付開始!三次のキャラクター きりこちゃんや巴橋が描かれています

三次市が、新三次市誕生10周年(2004年に吉舎や布野など8市町村と合併)を記念してご当地ナンバープレート(オリジナルナンバープレート)を2014年4月1日から交付開始すると発表しました。

三次市ご当地ナンバープレート、きりこちゃんデザインで4色
Photo by city.miyoshi.hiroshima.jp

三次市のご当地ナンバープレートは三次市の観光イメージキャラクターきりこちゃん と巴橋が印象的なデザインに。そのバックで白くなっている山は「中国山地の山々と霧の海」を表現しているのだとか。

ご当地ナンバープレートのベースカラーはその排気量によって異なり、原付一種は薄い青(排気量50ccまで)/原付二種乙は黄色(排気量50超から90cc)/原付二種甲はピンク(排気量90超から125cc)/ミニカーは青(排気量20ccから)。

4種合計で先着500枚のみの交付となり、新規登録・交換とも無料。

呉市廿日市市府中市・尾道市…と広島県内でもご当地ナンバープレートを交付するところが多くなってきましたが、キャラクターが入っているということで三次市がいちばん”かわいい系”ですね。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP