カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2019.05.08 伊藤 みさ /最終更新日:2019.05.08

安佐動物園 再整備事業が本格スタート、非公開となる動物も

広島市安佐動物公園が「30年90億円」をかけて再整備を行う。このリニューアル事業が2019年5月9日より本格スタートします

全体を通して30年を要すると言われている、広島市安佐動物園の再整備大プロジェクトが令和元年、ついに本格的に動き出します。

安佐動物園 再整備事業が本格スタート、非公開となる動物も
写真はケープハイラックス イメージ / 工事開始に伴い全頭移動へ

安佐動物公園(広島市)は、「国内最大規模のアフリカ平原に大型水生動物を新規導入」「アマゾンの動物などを展示する南アメリカゾーン整備」など、新たな魅力などを盛り込んだ再整備計画を2015年7月に策定

これに向けて、測量や基本設計などを進めていましたが令和元年より、ハイラックス・ヤマアラシ舎の解体とマルミミゾウ舎の建設工事に着手する。

安佐動物公園 外観
安佐動物公園

まずは2019年5月9日に園内飼育を行うケープハイラックス全52頭を捕獲し仮獣舎へ移動。仮獣舎は非公開施設ということで、新ハイラックス舎が完成するまではしばしお別れ(完成は2年後の春予定)。

本格工事の開始に伴い非公開となる動物があるほか、工事の範囲内での園路が閉鎖されるなどの措置もあり。進捗状況については安佐動物公園HPなどで随時更新されています。お出かけの際は最新情報のチェックを。

LINEでこのページを送る
 



忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐北区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ