忍者スタンプ

福山ご当地ナンバープレート、広島カープコラボデザインが決定

福山市がカープとコラボ!2018年秋頃から交付開始予定となっています。車の「福山ナンバー」当地ナンバープレート(図柄入りナンバープレート)のデザインが決定しました。

広島県の福山ナンバーがカープとコラボ!

2018年(平成30年)10月頃から希望者に対して交付する予定のご当地ナンバープレート(自動車の地方版図柄入りナンバープレート)デザインが決定されました。

福山ご当地ナンバープレート、広島カープコラボデザインが決定

カープ坊やが投げたボールがこちらに近づいてくるイメージで、ナンバープレートの左側に大きく描かれたデザイン。

カープカラーの赤もあり、しっかりと目につく配色となっています。

広島東洋カープといえば、ホームグラウンドがある県西部のイメージが強い中、「県東部のエリアでも一体となって盛り上げ・応援していく」というのがカープデザイン導入の背景。

オリジナルナンバープレートのデザインは1種類ですが、フルカラー/モノトーン の2種類があり、カラーを希望する場合は交付手数料(金額未定)に加え、寄付金の納付が必要。

福山市は、フルカラーの購入時に納められる寄付金を活用することで「福山ナンバー」を付ける市町の地域振興・観光振興につなげる予定とのこと。(福山ナンバー対象地域:竹原市/三原市/尾道市/福山市/府中市/大崎上島町/世羅町/神石高原町)

車のご当地ナンバープレートを、福山が早くも導入!

「図柄入りナンバープレート」は地域振興・観光振興のため、これまでは主に原動機付自転車に向けて交付されていました。

原付の場合は広島県内でも、広島市三原市庄原市豊田郡(大崎上島)東広島市三次市呉市 などが導入。広島市は「鳩」をモチーフにしたもののほか、カープ・サンフレとコラボしたデザインも導入しています。

その後、国土交通省はラグビーW杯・東京オリパラ2020の特別仕様ナンバープレートを自動車向けに導入。

これに続き、「地方版図柄入りナンバープレート(自動車)」の導入が決まっています。

国土交通省によると導入スケジュールは2017年9月までに導入申し込み、年末までに図柄提案、2018年10月頃から交付開始 となっており、福山市はこれに沿ってカープとコラボした図柄を検討。この完成したデザインで今後、国土交通省へ提案を行うとしています。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.11.28 07:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

PAGE TOP