カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.10.17 伊藤 みさ /最終更新日:2019.10.17

エトセトラ(etSETOra)に決定、新観光列車で広島・瀬戸内海沿い駆ける

2020年秋に導入予定の、広島・瀬戸内沿岸部を走る新観光列車の名前が「エトセトラ」に決定。瀬戸内の魅力を走りながら “えっと” 伝える

瀬戸内マリンビューの後継として新たに誕生する観光列車の名前が

エトセトラ(etSETOra)に決定した、とJR西日本が発表しました。

エトセトラ(etSETOra)に決定、新観光列車で広島・瀬戸内海沿い駆ける

エトセトラとは、ラテン語で「その他いろいろ。等々。…など」という言葉を持つ言葉。これになぞらえ “瀬戸内が次から次に紹介したくなる魅力に溢れていること” を表現。

さらに広島弁で「えっと」はたくさんの、多くの という意味も持っており “この列車で「えっと」瀬戸の魅力を感じてほしい” という思いも込められているという。

エトセトラは2020年10月より開催される「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」を景気に導入されるもので、2020年秋頃より運行される予定。

使用される車両はキハ47系気動車 2両編成。呉線および山陽線(宮島口~尾道駅間)を運行。詳細な発着駅・停車駅、車内サービスなどは決まり次第順次発表される。

JR西日本はまた2020年春より西日本を旅する長距離列車を新たに導入することも発表しており、ますます電車での旅が注目される年になりそうです。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ