カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.10.25 伊藤 みさ /最終更新日:2019.10.26

広島駅 新幹線コンコースリニューアル、モバイル・キッズコーナーも設置

2019年11月20日に、広島駅新幹線柵内コンコースの待合室・カフェ・お土産店などがリニューアルオープンします。初設置となるキッズスペースや、便利なモバイルコーナーも新設

広島駅で進められてきた「新幹線コンコース」のリニューアルオープンが2019年11月20日に迫り、その全体イメージが見えてきました。

広島駅 新幹線コンコースリニューアル、モバイル・キッズコーナーも設置
カフェ・待合エリアの完成イメージ

広島駅 新幹線柵内コンコースイメージ
新幹線改札から見ると、突き当りにカフェ・待合エリアが見える

JR西日本では、山陽新幹線の更なる魅力向上にむけて「のぞみ」の全停車駅を中心にコンコースなどのリニューアルを実施。

広島駅の新幹線柵内コンコースリニューアルは2017年11月頃よりスタートし、地元を代表する企業の製品などを交えながら新しい待合室や店舗をオープンさせる。

リニューアルポイント1. 待合室・カフェエリア

リニューアルで特に目立つポイントが、新幹線改札を抜けた先にあるカフェ(ドトール)と待合室エリア。

以前は以下写真のような「囲まれた」待合いスペースとなっていましたが、リニューアル後は開放的な配置となっており

広島駅 新幹線コンコースリニューアル前の様子
リニューアル前の待合室

マツダの最新型車両である「CX-30」の展示、マルニ木工による「HIROSHIMA」アームチェアを生かしたオーダーの木製ベンチを設置。新幹線で広島に下り立ったビジネス・観光客がはじめて目にするエリアに、“広島のものづくり文化” を配置。

見て・触れて感じられる空間へとリニューアル。ドトールコーヒーの店内にも、マルニ木工の家具が配置される予定。さらにこの店限定の広島メニュー・物販商品も用意される。

リニューアルポイント2. モバイル・キッズコーナー

待合・カフェ のエリアのすぐ横(新幹線改札口から見て一番右奥のエリア)には、モバイルコーナー・キッズスペースを新設。

広島駅 新幹線コンコース キッズ・モバイルコーナー

モバイルコーナーには、海外からの方やビジネス向けに公衆無線LANを完備、カウンターテーブルにコンセントを配置。(席数は8)

初の設置となるキッズスペースは、こどもたちに人気の500系新幹線をモチーフとした空間でクッションコーナーを設け、子供連れも気兼ねなく利用できる場所を確保。(席数は21)

このほか、専門店(にしき堂、藤い屋、やまだ屋、モーツアルト など全8店舗)による対面販売の土産店を並べ、スピーディーに買いまわれるように。これで、改札外でお土産を買い忘れても安心です。

広島駅 新幹線コンコース お土産コーナー

広島駅新幹線柵内コンコースの、待合室・店舗のリニューアルオープンは2019年11月20日。なお、コンコース美装化などの工事は今年度末まで続くとのことです。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 南区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ