カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/10/09 伊藤 みさ │更新:2021/10/09

47都道府県別 魅力度ランキング 2021「世界一受けたい授業」番組内で発表

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 一般ニュース

2021年版の47都道府県別 魅力度ランキングが10月9日放送の「世界一受けたい授業2時間SP」内で生発表されました。調査内容などの改良により、ランキングに変動あるか?魅力度ランキング一覧をどうぞ

毎年お馴染みとなった、注目の「47都道府県別 魅力度ランキング」が、2021年も発表。
魅力度ランキングを発表しているのは、地域ブランドに関する調査とコンサルティングを行う ブランド総合研究所。

47都道府県別 魅力度ランキング 2021「世界一受けたい授業」番組内で発表

今年は10月9日放送の日本テレビ系列「世界一受けたい授業2時間SP」内で生発表されました。

この度で16回目となる地域ブランド調査。年々注目度を増す中で、様々な意見を各都道府県から寄せられたことを踏まえ、今年度はより「サンプル数増加」「有識者4名から成る委員会を設置し調査設問の検討や結果分析、調査の信頼性向上などで意見や協力をもらう」などの改良が行われたとのこと。

この上で発表された47都道府県別 魅力度ランキング2021の結果は以下より。

47都道府県別 魅力度ランキング2021

魅力度ランキング2021の結果一覧は、以下の通り。※かっこ()内は昨年順位

1位:北海道(1)
2位:京都府(2)
3位:沖縄県(3)
4位:東京都(4)
5位:大阪府(6)
6位:神奈川県(5)
7位:福岡県(9)
8位:長崎県(11)
9位:奈良県(7)
10位:石川県(10)
10位:長野県(8)
12位:千葉県(21)
13位:宮城県(13)
13位:兵庫県(12)
15位:静岡県(14)
16位:鹿児島県(17)
17位:宮崎県(22)
18位:熊本県(18)
19位:広島県(18)
20位:愛知県(16)
21位:青森県(14)
22位:新潟県(28)
23位:三重県(31)
24位:富山県(26)
25位:山梨県(27)
26位:秋田県(20)
26位:大分県(23)
28位:香川県(24)
29位:高知県(36)
30位:岩手県(35)
31位:山形県(39)
32位:和歌山県(28)
32位:愛媛県(24)
34位:福島県(33)
35位:岡山県(33)
36位:岐阜県(42)
37位:島根県(30)
38位:滋賀県(37)
39位:福井県(44)
40位:鳥取県(40)
41位:栃木県(47)
42位:山口県(32)
42位:徳島県(46)
44位:群馬県(40)
45位:埼玉県(38)
46位:佐賀県(45)
47位:茨城県(42)

出典:「地域ブランド調査2021」(ブランド総合研究所)

地域ブランド調査2021 調査内容・方法

調査はネットで35,489名の有効回答を得て、全国1000市区町村名および47都道府県名のそれぞれについて、魅力度や認知度、まちのイメージなど全89項目にわたって問い、分析されています。

魅力度は以下のような様々な角度からはかられています。

  • 認知度
  • 魅力度
  • 情報接触度
  • 情報接触経路(ドラマや映画、ポスターやチラシなど)
  • 地域イメージ(歴史・文化の地域、スポーツの地域など)
  • 居住意欲度
  • 訪問経験(「行楽・観光のため」など)
  • 観光意欲度
  • 産品購入意欲度 ほか
▼調査概要
調査方法:インターネット調査
回答者:年齢20代~70代の消費者を男女別、各年代別、地域別にほぼ同数ずつ回収。※日本の縮図になるように、年齢や地域人口の分布にあわせて再集計(ウェイトバック集計)。
有効回収数:35,489人
※1人の回答者は市区町村の調査票の場合20の地域について回答。回答者数は平均で 648.5人
※同じく都道府県の調査票の場合は15または16の県について回答。回答者数は平均で1020.7人
調査対象:全国1,000市区町村(全792市+東京23区+185町村)と47都道府県
調査時期:2021年7月5日~7月20日

全国都道府県ランキング過去データはこちら( 20132014201520162017201820192020

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

ads