カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2012/12/28 Mika Itoh │更新:2020/12/31

お年玉 何歳まであげる(貰える)?相場金額と年齢別平均

お正月に大人が震える「お年玉」。気になるのが、お年玉は何歳まであげるものなのか。お年玉の年齢別の平均相場金額(小学生・中学生・高校生・大学生)やマナーなど、お年玉事情についてご紹介します。

お年玉の準備をする時期になりました。お年玉をあげる時に困るのは、渡す子供の年齢や学年に対しての平均的額は幾らなのか?という事。

お年玉 何歳まであげる(貰える)?相場金額と年齢別平均

お年玉は、何歳まであげれば良いのか?また、他の人たちは何歳まであげているのか? 親から子へあげるお年玉と、親戚や友人の子供にあげるお年玉だと、また微妙に金額も変わってきそう。

住信SBIネット銀行が顧客に対して行った調査結果では、小学生までの子供に対して1人あたりあげる金額の平均は、小学校入学前の児童には 2,378円、小学校低学年で 2,888円、小学校高学年で 4,009円 という結果が出ています。

お年玉 何歳まであげる(貰える)?相場金額や年齢別 平均など

また、喪中の時は お年玉のやり取りをしていいもの?と心配する人もいますが「ご贈答マナー」のサイトによると、渡す方・渡される方のどちらが喪中であっても、お年玉のやり取りを行うことは問題ないとのこと。

世代別・ターゲット別で見る、お年玉の相場額

三和銀行ホームコンサルタントの調査結果「お年玉の平均回答額」によれば、年代別にあげているお年玉の金額で最も回答が多かった額は、以下のような結果となりました。

( 世代別 ) 自分の子供 親類の子供 友人の子供
小学校入学前1000円 3000円3000円
小学校低学年3000円 3000円3000円
小学校高学年5000円 3000円3000円
中学生5000円 5000円5000円
高校生10000円 5000円5000円
大学生10000円 10000円
社会人10000円 5000円

意外だったのは、少数ですが社会人になっても貰っている人(社会人の子供にお年玉をあげている親)がいたこと。なんと羨ましい(笑)。お年玉が貰える年齢のリミットは、あげる側の気持ちや家庭環境などでかわりそうです。

また、貰ったお年玉を子供たちはどのように管理しているのか?インターネットリサーチ会社のマーシュが調査した結果によると、

小学生の子供の お年玉は、全体の87%が保護者が管理すると回答。そのうち、「全額を親が預かって管理する」が45.6%で、「一部を預かって管理する」が41.4%という結果になっています。

関連

via.ネットリサーチ会社 マーシュ / ご贈答マナー

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

ads