大竹市の ストーンアート、色鮮やかな作品 大竹を歩いて探そう

大竹駅前や 市民会館など、大竹市では巨大な岩(石)を使ったストーンアートがいま町中あちこちで見かけます。大竹駅前には町のシンボル・鯉のストーンアート!

ストーンアートが鮮やか!広島県大竹市新町、JR大竹駅前では 赤・青・緑・黄色…と色鮮やかにペイントされた大きな岩で作られた ストーンアートが町のシンボル的存在として設置されています。

これは ストーンアートと呼ばれるもの。高さおよそ3m、重さは11トンほどもあるこの石(岩)には 大竹市の特産である 手すき和紙のこいのぼり にちなんで3匹のこいのぼりが描かれています。

大竹市の ストーンアート、色鮮やかな作品

ストーンアート 鯉のぼりは2005年頃に完成したそうですが色あせてしまい 2012年5月頃に町の方が塗り直しをして 生まれ変わり、大竹駅を利用する人の目を楽しませています。

大竹市の ストーンアート 鯉のぼり

この ストーンアートは 「明るい社会・町づくりと 子供の健全育成」を目指す市民グループ HELLOの会と竹市暴力監視追放協議会事務局などが協力してつくったものだそうですが、

地元の学生も協力してこれが年を追う毎に増えていて 大竹市内の見どころの一つになっているのです!これがまたクオリティ高くてビックリ。

ads

いろいろ見つけて楽しい、大竹の町を彩る ストーンアート

大竹駅前ロータリーのそば、中国新聞大竹支局などが入る「大竹メディアステーション みくらす」の入り口前にある ストーンアートは 中国新聞のキャラクター「ちゅーピー」のカープ&サンフレバージョン。さすがです。(ちなみにこの建物の隣がコペイカ)
大竹市の ストーンアート メディアステーション

大竹市の ストーンアート ちゅーピー

この通りの近く、国道186号線「大竹駅前」の信号付近の小さな広場(花の道広場)には 大竹中学校や大竹高校の生徒たちも協力してつくられた ストーンアートの小さいバージョンが沢山展示されていて、プチ動物園のようになっています。
大竹市の ストーンアート 緑地地帯

ケイトウの背丈ほどのちいさなペンギン
大竹市の ストーンアート ペンギン

通りすがる人を鋭いまなざしで見定める(笑)ライオン
大竹市の ストーンアート ライオン

首をかしげた感じがちょっとラブリーなフクロウ
大竹市の ストーンアート フクロウ

ギョロ目のカメレオン
大竹市の ストーンアート カメレオン

カメレオンはなんだか質感までリアルに描かれているので 迫力さえ感じます…!
大竹市の ストーンアート カメレオン2

大竹市の巨石アートで、最も大きいものは大竹市総合市民会館 のロータリー中央に設置されたもの。
大竹市の ストーンアート 公民館前

後ろから見ると ただのデカすぎる岩ですが、市民会館から出て来た時に迎えてくれるのは 大竹市に伝わる伝統の 雛流しのアート。描かれた 流し雛はとてもリアルで美しい自然も表現されています。
大竹市の ストーンアート 雛流し

この巨石の重さはどれくらいあるのかは分かりませんが、かなり巨大。

これらは大竹市にある 弥栄ダムの完成前に市が弥栄狭から運び出していたものを使用したのだとか。一体どうやって運んだのか…。この他にも大竹中学校にも沢山あり これからも町には少しずつ ストーンアートが増えて行きそうな予感。

サイズはちょっと違いますが 鞆の浦の猫石コレクション尾道の福石猫など、他の町でもストーンアートが。広島県はストーンアートがお好き?

ads


あわせて読みたい

edit 『 大竹市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP